定年退職後の精神状態は6ヶ月が限度!

私の知人から酒の席でこんな話を聞いた。

「早期退職後の半年は今まで出来なかった長期の旅行、平日に行けなかったレストランでの食事、趣味の家庭菜園、読書などを楽しんだのだが、6ヶ月を過ぎた頃から生活のコアがない生活に疲れ始めた。」

会社時代と違って1日の生活スケジュールを自由に決められたのだが、あまりにも自由すぎて暇を持て余し始めた。仕事をしていれば、日中は仕事で時間を費やせる。その仕事がない今、生活のコアの時間帯がポカ〜ンと空いてしまった。

彼はすぐに仕事探しに走った。幸運にも彼の友達が会社を経営していたためその会社で働き始めた。今はその会社の雇われ社長として毎日充実した生活を送っている。 

退職後、仕事以外で日中を埋める何かがないと精神的に参ってしまう!

時間の使い方で精神的に参る定年退職者がほとんどである。仕事が見つからないシニアは毎日が苦痛でならない。その心理状態は会社で干された心理状態と同じ。その状態が死ぬまで続くことになる。自分で日中の時間を満足が行くような使い方を考えないとダメになる。それが肌で感じ始めるのが半年を過ぎた頃になる。

多くの人は働く場所を求めて雇用先の会社を探すのだが現実は自分にとって都合の悪いことばかり。再就職先を探すことを諦めて起業を決断するシニアも増えてきている。

半年後に欲求が満たされると暇を持て余す

定年退職後は好きな事が出来る時間を誰もが楽しみにしている。そんな自由時間が退職後頂くと最初はやりたい事を一つずつやって行くのだが、次第にやることが無くなる。やりたかったことを何度もやると新鮮味が無くなる。人間は制約された環境にいるとその制約でできなかったことに欲望を持つ。制約が無くなって自由にやりたかったことが出来るとしばらく立って欲望が満たされ新鮮味を失う

多くの退職者は半年後にそんな状態に陥る。

自由という「暇」に耐えられなくなるシニアは奥さんの後を追い回す生活に落ち着く。奥さんにとっては、大人の子供が一人生まれた感じになる。長年組織で働いてきた元会社員は、自分で日中の時間を埋める方法を探し始める。仕事が見つからないシニアは、仕方なく、近くの図書館で本や雑誌を読んだり、居眠りをしたりする。図書館が空きたら、街に出てカフェで気分転換をしながら目的もなくうろつく。

自分に頼る生活を始めること

精神的に参った元会社員を助けるにはどうしたら良いだろうかといつも思っている。

私には、自分で作った仕事があり、仕事をしながらお金を稼いでいる。仕事で日中の時間を使っているので夜は自由な時間を過ごせる。自分が自由に使える時間は1日に6時間ぐらい有れば十分だと思っている。精神的に参っている元会社員が自分でビジネスを作り、1円でも良いからお金を稼ぎだしたら、違った世界を味わえるようになる。

他人に頼りながら働くという世界から自分の手足でお金を稼ぐという世界に入ると刺激ある時間を楽しめる。新しい世界に足を踏み入れるだけで学ばなければならないことを見出す。そんな環境に自分を置くと今度は時間が足りなくなる。忙しくなる。自分の力だけでお金を稼ぐには多くの試行錯誤をする時間が必要になる。

誰もがビジネスで成功しないが、やり方次第で生活費ぐらいは稼げるようになるのではないかと感じている。個人差はあるが諦めなければ成功する可能性はいつもある。

65歳を過ぎてからの仕事探しをするならば

世の中は人手不足と言っているがそれは誰であっても良いというわけではない。人手不足という言葉の中の対象者に高齢者が入っていない。若い人が採用できないから、自分たちに都合が良い労働者が見つからないから人手不足と言っている。取り敢えず暇なシニアは何か時間を潰す仕事を始めることである。働きながら自分は何をやりたいのかを探すこと。

無難な仕事はアルバイトやパートの仕事にある。

  1. 近くのスパーマーケットはいつもシフトで人手不足である
  2. ファストフード店も人の手を借りたい
  3. カフェも長期間働ける人を求めている

無駄な時間を出来るだけ無くすには仕事をすることが一番の解決策になる。採用されやすい無難な仕事を見つけて働きながら生活のリズムを作り出す。その生活のリズムの中にやりたいことを詰め込んで行く。

70歳になる前までに他人に頼る仕事から自分に頼る仕事にシフトする準備をする必要がある。70歳を過ぎると誰も雇ってくれない。見つかる仕事は誰もが嫌がる3Kの仕事だけ。余生は楽しく過ごす必要がある。嫌いな仕事を暇つぶしにするのは間違いである。

この記事「定年退職後の精神状態は6ヶ月が限度!」のポイント

  • 早期退職後の半年は今まで出来なかった長期の旅行、平日に行けなかったレストランでの食事、趣味の家庭菜園、読書などを楽しんだのだが、6ヶ月を過ぎた頃から生活のコアがない生活に疲れ始めた
  • 自由な時間が有り過ぎると精神的にマイル定年退職者が多い
  • 精神的に参った元会社員を助けるには、どうしたら良いだろうかといつも思っている

 

Search

私のブログサイトはリンクフリーです

  • このブログサイトは、私の許可なくリンクを張って頂いても問題はありません

このページのシニアライター:Norito H.Yoshida

Profile

雇用される生活から自分を雇用する生活をしている。2023年現在で17年間、起業中。時間と場所に制約されないインターネットビジネスで生活費を稼いで自分独自のライフスタイルを作る。米国の州立大学 Western Washington University, B.S. in Sociology, Bellingham, Washington, USA を卒業してソニー株式会社、Yahoo!Japanで自分がやりたい事をやってきた。

最終的には、私が望んでいた起業(自分の手で稼ぐ生活)が実現。51歳の時に起業してこれからも生涯現役でインターネットビジネスの世界で生きて行く。今の時代は65歳を過ぎると自分を雇用して生きて行く道しか残されていない。本来、その道が当たり前なのだが、人間は弱いので他人に頼る生活を求めがちになる。

シニアの生活実態は人様々。私が発信するシニアの生活体験記が参考になれば幸い。シニアは老後の生活を情報として発信する人が少ない。役に立つ情報は共有すべきであると思う。経験から得た情報は本よりも実用的である。

 

インターネットビジネスのビジネスモデルを助言ます 起業、副業でインターネットビジネスを始める方にお役に立ちます