長生きをする条件はなにか?

sleeping

歳を取るというイメージに良い印象がない。幸せな老後、良き老後を誰もが求めるがその領域に近づく方法が分からないでいる。でも、今は少しづつ長生きをする条件が見えてきている。日本には、現在、6万5000人ぐらいの100歳の高齢者が生存している。普通の生活が出来ている100歳の方と寝たきりの100歳の老人と幅が広い。

今回のNHKスペシャル(2016年10月29日の番組)は、センテナリアン(100歳以上の高齢者)をテーマにしていた。 

誰もが健康長寿を希望しているが、その条件は!

番組では、健康長寿のセンテナリアンは血液中の炎症物質の数値が低いという。老化に従い自然と血液中の炎症物質の数値が高くなっていく。一般の健康的な人の数値が0.3以下なのだが、センテナリアンはその数値が0.03とかなり低くなっている。

つまり、

老化による血液中の炎症物質が少ないという事だ。炎症物質は、体に何らかの疾患があると増える。疾患があると慢性的に炎症物質が血液の中に流れる。その炎症物質が、血管の細胞を傷める。心筋梗塞などの成人病の原因としてこの炎症物質が関与しているという。

炎症物質の数値が低いセンテナリアンには、3つの区分がある。

1.100歳になるまで一度も疾患を経験していないエスケーパー、全体の15%を占める。

2.80歳まで大きな疾患を経験しないが、その後疾患にかかるパターンの人(デレイアー)が43%いる。

3.80歳以前に疾患を経験し、それを克服して100歳になる人(サバイバー)が42%いる。 

身体的な健康度を保つという条件だけでなく、精神面でも条件があるらしい。私は、この精神面の影響が健康長寿に強く影響しているのではないかと感じた。

番組では、「満足感」、「幸せ感」という言葉で表現していた。精神的な健康度は、どれだけ自分の人生について満足と幸せを感じているかで決まるという。

ただ、

健康長寿は、自分の人生にかかわる満足感だけでなく、他人を助ける、社会に貢献するという行為からくる幸せ感や生きがいが重要な要素としている。

身体的な老化は時間とともにやって来るので防御に限界がある。精神的な老化は、生きがいによってかなり防御できるのではと思っている。歳を取ってくると何故か社会貢献活動に興味を持ち始める。自分が出来る事を探そうとする。今まで生きてきたことへの恩返しとして他人を助ける行為に目が行き始める。

この感情は、自然に生まれてくる感じがする。今まであまり考えたことがない社会貢献であったが、なぜか、この歳になって残りの人生を自分なりに社に還元できないかと考え始めたのだ。 

私の来年の目標は、自分なりに出来る社会貢献活動を一つ実行することである!

誰もがセンテナリアンに成れれば良いが、運命がある。健康長寿は、努力次第で何とかなるかもしれないが自分の生き方に満足が行く人生を送るのが大前提だ。

 

このページのシニアライター:Norito H.Yoshida

Profile

雇用される生活から自分を雇用する生活をしている。2019年現在で13年間、起業中。時間と場所に制約されないインターネットビジネスで生活費を稼いで自分独自のライフスタイルを作る。米国の州立大学 Western Washington University, B.S. in Sociology, Bellingham, Washington, USA を卒業してソニー株式会社、Yahoo!Japanで自分がやりたい事をやってきた。

最終的には、私が望んでいた起業(自分の手で稼ぐ生活)が実現。51歳の時に起業してこれからも生涯現役でインターネットビジネスの世界で生きて行く予定。今の時代は、65歳を過ぎると自分を雇用して生きて行く道しか残されていない。本来、その道が当たり前なのだが。人間は弱いので他人に頼る生活を求めがちだ。

シニアの生活実態は人様々。私が発信するシニアの生活体験記が参考になれば幸い。

© 2019 Goyat. All Rights Reserved.