老後の収益源を探すとしたら何が良いか?

ブログでグーグルアドセンス広告収益を稼ぎたい高齢者は、ただ、ブログを書けば広告収益が得られると考えがちである。そのため、ブログを書いても書いてもお金が落ちてこない蟻地獄に入る。ブログでグーグルアドセンス収益を狙う高齢者は、始める前にこんな下準備をする必要がある。

まず、グーグルアドセンスの広告収益は、ブログサイトに表示された広告を訪問者がクリックした時点で収益が発生する。自分でクリックするとペナルティーが発生するので注意。一般的に1クリックで生まれる収益は、20円から30円ぐらいだという。したがって、訪問者がクリックする数でグーグルアドセンス広告収益が決まる。

シニアがブログでグーグルアドセンスビジネスを始める前に行う下準備とは・・・

他人が読んで役に立つ内容のブログ記事を書く

グーグルアドセンス広告収益を考えている高齢者は、事前にこんな下準備が必要である。

  1. 独自ドメインとレンタルサーバー、そして、ブログホームページ(CMSで構築されたホームページが最適)
  2. 書きたいと思うテーマで毎日1記事を書き続けられるための書く習慣
  3. グーグルアドセンス申し込みと許可(申し込む前にブログサイトを作って書いている必要がある)
  4. グーグルが禁止するコンテンツテーマ、内容、広告掲載方法に注意すること

上記の内容が最低限必要である。これが分からない人は、グーグルアドセンス広告について書かれている参考者を書店やアマゾンで購入して座学をして下さい。インターネットビジネスであるので当然パソコン、インターネットについてある程度の知識と経験が必要である。

最低条件を満たした上で以下のような助言をこれから始めるシニアにしたい。

  • ページタイトルは、訪問者に読ませたくなるようなタイトルにする。そのタイトルの中に記事コンテツのキーになるキーワードを入れたタイトルにする。検索される時にページタイトルが参照されてキーワードが入口になる。
  • ブログサイトの総ページが200ページになるまで毎日1ページ(1000文字ぐらい)作成する。
  • 訪問客に伝えたいメッセージは一つにする。自分が書いたブログ記事を読んでこれだけは必ず伝えたいというメッセージである。
  • ブログサイトのテーマは、ターゲット客層を決めてそのターゲット客層が沢山いるテーマが良い。伝えたいブログの内容を求めている読者層が小さいとアクセスも少ないからだ。
  • SEO(検索の最適化技術)は基本要素だけで良い。検索技術は人工知能化しているので小手先のテクニックよりも自然な内容で良い。小手先のテクニックを売りにしている本やコンサルティングサービスは短命に終わる。検索エンジンは絶えず進化しているからだ。
  • 出来るだけ自分の体験談、知識、意見など自分という人間フィルターを通した内容にする。どこかのサイトからコピーした内容は品質が悪いと判断され、ペナルティーが発生する。コンテンツは、いつも、自分オリジナルであること

グーグルアドセンスで広告収益が生まれるまで最低1年間はじっと書き続ける必要がある。上手く集客できるブログサイトに成れば、200ページを過ぎた頃にヒット数が継続的に増えていく。同時に広告収益も。グーグルアドセンス広告収益は、基本、ページ数とコンテンツの質で上下する。ブログは、最低でも1週間に1ページは作成する。一番良いのは、毎日1ページ作成することだ

ブログサイトでのグーグルアドセンス広告ビジネスは、参入障壁が低い。そのため、年齢を問わず多くの人たちがやり始める。誰かに伝えたいメッセージが有り、それを継続的に発信できる時間と強い意志がないと広告収益は天から降ってこない。色々な人の成功物語があるが、その人達の得意な分野で成功しているのであって、同じことをやれば同じ結果が出るというものではない

自分が作り出すブログサイトのテーマとコンテンツがユニークで需要があるものであればあるほどブログサイトに人を集めることが出来る。どんなビジネスでもお店に集客できなければ売上は出てこない。自分が作ったブログホームページの記事内容が人を集める餌になる。美味しい餌を沢山作成することで高価な魚が集まってくる。

1年経過しても広告収益が生まれない場合は、別のテーマで別のブログサイトを作成して再挑戦して下さい。グーグルアドセンス広告収益は、時間がある人や伝えたいコンテンツが継続的に作成できる人に有利なのである。

 

このページのシニアライター:Norito H.Yoshida

Profile

雇用される生活から自分を雇用する生活をしている。2019年現在で13年間、起業中。時間と場所に制約されないインターネットビジネスで生活費を稼いで自分独自のライフスタイルを作る。米国の州立大学 Western Washington University, B.S. in Sociology, Bellingham, Washington, USA を卒業してソニー株式会社、Yahoo!Japanで自分がやりたい事をやってきた。

最終的には、私が望んでいた起業(自分の手で稼ぐ生活)が実現。51歳の時に起業してこれからも生涯現役でインターネットビジネスの世界で生きて行く予定。今の時代は、65歳を過ぎると自分を雇用して生きて行く道しか残されていない。本来、その道が当たり前なのだが。人間は弱いので他人に頼る生活を求めがちだ。

シニアの生活実態は人様々。私が発信するシニアの生活体験記が参考になれば幸い。

© 2019 Goyat. All Rights Reserved.