シニア・若者のビジネスをやめるタイミングと再起への準備

起業して思っていたよりビジネスが立ち上がるのが遅いと感じながら運転資金が無くなり始めるシニアや若者がいる。初めて起業する人たちだ。最初の起業挑戦で成功する確率は非常に少ない。特に社会経験が少ない若者起業家は、99.999%失敗する。その失敗原因のほとんどが、運転資金が続かなくなるだ。

シニアと違って若者は、貯蓄が少ない。バイトをやりながらビジネスを続けられると思っている。現実は、難しいという経験が無いためだ。

シニア起業家、若者起業家に共通して意識しておくべき事がある。

ビジネスをやめるタイミングと再起への準備

定年退職後のシニアの起業は、若者と同様に自分でお金を稼いだという経験が無いため準備不足、計画ミス、当て外れなどで失敗する確率が高い。シニアは人生経験から自分のビジネスの成功、失敗を悟り、早めにビジネスをしめる決断が出来る人が多い。

一方で、若者は、自分のビジネスアイデアに惚れ込んでしまっているためか、「もう少し頑張れば、もう少し粘れば・・・」と思いながらやめるタイミングを先に延ばしてしまう。困った時の親頼みで親から運転資金を借りようとする。親は子供を応援しているので資金を融通してしまう。これが子供の起業精神をだめにする!

賢い起業家は、ビジネスの引き際を心得ていったん撤退し、次のチャンスを作るための準備をする。金銭的に負債を負う前に会社を整理する。若い起業家は、それがなかなか出来ない。運転資金の融通を親から断られて初めて自分の事業の撤退を考える。このタイミングでは遅い。それが分かっていない。

ビジネスは一発勝負のばくちでは無い。ビジネスは、複数回挑戦して成功まで育てて行く。失敗は成功の元と言われる所以だ。若者の起業家は、自分のビジネスに拘りが有り過ぎるために冷静に自分の置かれた状況を受け入れることが出来ない。

私は、起業家の年齢に関係なく失敗経験を得るための第一の挑戦失敗経験を生かす第二の挑戦を資金計画に入れてビジネスプランを作るべきだと主張している。自分でお金を稼いだ経験が無い元会社員や若者は、まず、ビジネスの失敗を経験して自分に足りない物を学び、それを是正して二回目の起業に挑戦すべきである。

その意味合いで起業家の親は、子供が運転資金不足で資金の融通を依頼してきたら、延命させないでいったんビジネスを止めさせて副業として継続させることを提案すべきだ。子供がもしそのビジネスに拘り続けるならば。

困った時の親頼みの姿勢がある限り、子供は独立できない。親は時間と共に消えて行く。そんな時、自分しか頼る人がいなくなる。ビジネスを始める時の基本姿勢は、全て自分の力と資金で起業すると言うことだ。ビジネスが続けられなくなったら躊躇することなく止める決断力が必要だ。

起業家は、ビジネスを始める勇気と止める勇気を持たなければ、再起は出来ない。

 

このページのシニアライター:Norito H.Yoshida

Profile

雇用される生活から自分を雇用する生活をしている。2018年12月現在で12年間、起業。時間と場所に制約されないインターネットビジネスで生活費を稼いで自分独自のライフスタイルを作る。米国の州立大学 Western Washington University, B.S. in Sociology, Bellingham, Washington, USA を卒業してソニー株式会社、Yahoo!ジャパンで自分がやりたい事をやってきた。

最終的には、私が望んでいた起業(自分の手で稼ぐ生活)が実現。51歳の時に起業してこれからも生涯現役でインターネットビジネスの世界で生きて行く予定。今の時代は、65歳を過ぎると自分を雇用して生きて行く道しか残されていない。本来、その道が当たり前なのだが。人間は弱いので他人に頼る生活を求めがちだ。

シニアの生活実態は人様々。私が発信するシニアの生活体験記が参考になれば幸い。

© 2019 Goyat. All Rights Reserved.