シニアが起業する時は、博打的な起業をしないことだ。これが鉄則だ。シニアは年齢的にやり直しが効かない。大きな深い金銭的な傷は、シニアが負担するには大き過ぎるからだ。もし、多額なお金が先に出るようなビジネスをシニアが始めるならば、失敗しても自分の生活に穴があかない人が行うべきだ。金銭的に余裕があまりないシニアは、極力そのようなビジネスは避けるべきだ。

シニアの起業は、先にお金が入ってくるビジネスモデルで始める。その意味合いでは、サービス業が一番良い。多くの大企業OBシニアは、中小企業向けの営業コンサルタントサービスや顧問サービスをやっている。IT系のエンジニアは、私のようなウエブサービスで日銭を稼いでいる。いづれも、先にお金が入ってくるビジネスモデルだ。先にお金を投資するにしても少額で済むビジネスだ。

生きる意味を見失ったシニア老人が元気になりたいという欲望があるならば・・・

お金に換える仕事ができるシニア老人であるという意味

若い頃から起業して自営業で暮らしていた人たちは、老後になってお金の大切さを身に沁みることになる。会社員で定年退職をした人は、少なくとも65歳から国民年金と厚生年金、更に企業年金を頂ける場合がある。国民年金と厚生年金だけで最低でも生きていける。

だが、

自営業者は、働けなくなると国民年金だけでは生きて行けないので生活保護に身を任せる結果になる。こうなる以前に自分の老後を想像して十分な老後資金を貯めていれば老後のリスクは防げる。多くの個人事業者は、老後の事を若い時に真剣に考えていないため今困っている。

ある自営業者が書いた漫画本がある「自営業者の老後」

50歳代の会社員は、今後、60歳定年から65歳定年になる可能性が高い。会社によっては定年なしになるかもしれない。年金受給年齢が65歳から70歳に移れば、60歳定年という制度は無くなる。政府は、現役会社員に副業・兼業が出来るよう働き方改革を勧めている。

これは何を意味しているのか?

会社員が定年退職後も継続して働き続けられるスキルを身に着けさせるためだ。既に定年退職をしたシニアたちは、新規にビジネスを起こすだけのスキルを会社員時代に身に着けていない。多くの定年退職者は、一から起業をすることになる。

副業・兼業をしてお金を稼ぐ経験をしていれば、定年退職後はそのスキルを中心に自分のビジネスを推進できる可能性が高くなる。

自分の老後生活を夢見ると目標が見えてくる!

高齢者が恐れているのは、自分自身が認知症で自活が出来なくなることだ。62歳の私も認知症になることが怖い。認知症予防で色々な情報が飛び交っている。今朝も家内からこんな事を言われた。通勤途中に公園内を通るならば、3を足し続けて計算することを歩きながらしなさい!と。

歩くという運動と脳内での計算を一緒にやると脳が刺激されて認知症予防に役に立つということだそうだ。

もう一つ言われたことは、筋トレをすることだ。筋トレは既に週2回スポーツセンターでやり続けている。その意味合いでは、趣味の筋トレを楽しみながら認知症予防を行っていることになる。

筋肉を動かすことで筋肉から脳に電気信号が伝わる。その活動が脳を刺激する。高齢者が自宅で何もしない生活に入ると認知症になる、進行すると言われる。日常生活での活動が減少すると脳への刺激が無くなり認知症の進行が進む。

物忘れがひどくなったと感じたら、軽い筋トレをやってみる!

なぜ、Chromebook PC(ASUS C302C)を買いたいと思っているのか?

既にノートパソコンを複数台所有しているので買う必要はないのだが、ブログを書くための道具としてChromebook PCは最適なように思えるからだ。

なぜ、そう思うのか?

価格、機能、重さ、そして、デザイン

高齢者の顔は、年齢によって微妙に違う。60歳代のシニアと80歳代の老人の顔を比較するとその違いが歴然とする。その一つに皮膚のしわの深さだ。顔全体からの印象では、顔の張りが全然違う。60歳代のシニアの顔は、まだ、顔の部分部分に皮膚の張りが残って若々しい。

60歳代と70歳代の高齢者を比較すると微妙な違いがある。個人差が出てくるので一概に判断できないが、その人の生活習慣で顔に若さがある、衰えてきているのが分かる。

老人の若さは、顔のしわが少ない、浅いだけでなく表情にも出てくる。毎朝、顔を合わす清掃作業をしているおばあさんは、80歳に近い70歳代だ。いつも、お互いに「おはようございます!」と笑顔で声を交わしている。明るい高齢者は、若い印象を与えてくれる。

元気な挨拶とニコニコの顔は表情に若さを与えてくれる!

62歳のシニアがいつも考えていることがある。自分の事は自分でお世話するアイテムだ。仕事でいつも外出している。外出時に万が一の事態になれば、役に立つ物を身に付けている。

こんな状態になった時がないだろうか。

急にお腹の調子が悪くなり、腹痛がしてきたとか、くしゃみが出て風邪にかかったようなときとか、食べ過ぎてお腹が苦しくなったとか?これらは一般的な体調不良なのだが高齢者にとっては負担が大きい。

どこに行くにしても常備薬!そして、あると便利なアイテム

家内は専業主婦である。万が一、私が他界したらお金を稼げない。収入は国民年金だけになる。最大で月額6万4000円ぐらいだ。この額で生活は出来ない。多少の金融資産があっても国民年金だけでは生活は非常に難しい。男性よりも女性の方が経済的に苦しい老後を送る事になる。

夫が生きているうちに出来るだけ妻に収入を与える仕組みが必要だ。同時に国民年金の額を増やしてあげるべきだろう。

妻の国民年金の受給額を増やすには・・・

方法は3つある!

天気が良いので公園でお弁当を買って食べていた。OLグループや会社員たちも同じ公園内でお弁当を食べていた。なぜか、シニアの男性がポツリポツリと点在して暇そうな顔をしていた。時々、近くにやって来るハトたちを驚かせる罵声を浴びせていた。

その姿を見て、「ああは成りたくないなぁ!」と。

ホームレスのシニア男性なのか、タダの老人なのかは分からない。

老人は誰かに見られているので見た目を意識すべきだ!

東京に仕事で出かけた帰りに丸の内界隈を歩いて見た。丸の内の歩行者天国みたいなオープンスペースが道路上に出来ていた。オープンスペースの始まりの場所にこんな看板があった。

urban1

アーバン・テラス(Urban Terrace)と言う名前で「くつろぎ」の場所を特定時間帯に提供している。既に道路上に置かれているテーブルや椅子は、ヨーロッパからの観光客に使われていた。彼らにとって身近な印象を与えていたのだろう。

東京丸の内でゆっくりした空間を味わうならばアーバン・テラスだ!

© 2016 Goyat. All Rights Reserved.