私63歳のシニアには、本を集中的に読む時期と全然読まない時期がある。今、猛烈にアイザック・アシモフの小説を読みたくなった。早速、今日の午前中に保土ヶ谷図書館に行ってみた。開館が9時30分であったため、入り口で老人、子供、主婦、中高年、学生たちが暑い中を列して並んで待っていた。

開館20分後に図書館に入ってアイザック・アシモフの小説を探した。保土ヶ谷図書館にあったアイザック・アシモフの小説文庫版は数が少なかった。借りられたのはこの3冊だけであった。

asimof

シーズンを問わず、公共の図書館は行き場所を失った高齢者のたまり場だ。多くの老人たちは、雑誌コーナーの長椅子で暇をつぶしている。面白いのは、女性のお年寄りが非常に少ないことだ。女性は、自宅をお城にしているから図書館になにか用事がない限りわざわざ平日の朝から行かないだろう。

図書館で読書に没頭するシニアも多い!

毎日35度前後の猛暑が続いている横浜だ。自宅から最寄りの駅まで歩いて20分。この間に体力を取られる。日傘をさしていても暑い。この夏は異常だ。自宅を出る前に塩分を多く含む朝食をする。そして、必ず、1杯の水を飲む。駅に到着するまでに汗がダラダラと体中に流れ出す。歩く速度も自然と遅くなる。

駅に到着して電車が来るのを待つ。運よく、電車が駅に到着寸前であった。自動ドアが開き心地よい温度の冷房が電車に入る時に感じた。冷房が効いている間は、この猛暑を忘れられる。幸い、仕事場として使っているスタバは駅の近くにある。猛暑の紫外線を体に沢山浴びることなくスタバに入れる。

外に出れば、必ず、猛暑で体力を使い果たす。強い紫外線から身を隠すしか無い。リュックの中には、紫外線防止の帽子や折りたたみ式日傘が有る。今年始めて男性用に使えるUV防止の折りたたみ式日傘を購入し、使っている。日傘をさしても、紫外線の熱は日傘の下に位置する私の頭に注ぐ。とにかく、暑い。

猛暑で失った体力を回復させるには・・・

定年退職をしたシニアや65歳を過ぎて年金生活を始めた高齢者の生活に興味を持つ。会社組織で働いていれば同世代の社員と雑談をして今の生活について情報交換が出来るのだが、組織を離れて個人生活を各自が始めると横のつながりが絶たれる。同年代のシニアが今の人生と生活をどう感じながら生きているのか興味を持つ。

このように思うのは私だけではないのでは?

他人のプライバシーを知りたがるのは女性の本能であるが、シニアの男性も自分の老後を考える上で参考になるので興味を持つ。同年代のシニア男性が今何をして自活をしているのか、人生を楽しもうとしているのか、健康をどう維持しているのか、知りたくなる。

何をやるにしても最初は、自分が率先して情報を発信しなければ求める情報のお返しはやってこない。このブログを書き始めて読者から色々なメールを頂く。内容は、私が書くブログ記事についてのコメントが多い。ブログ記事を読んでメールを書いてくれる読者は、なにか心に刺さる内容に触れたから私にメールを出してくれたのだろう。共感を覚える内容であるということは、同じ感覚を持ったシニアがいるということだ。

私のようにブログで老後の人生について情報発信しているシニアは多くない。多くのシニア関連情報発信サイトは、老人のための百科事典のようなサイトが多い。生きた老人が体で感じたことが書かれていない。一度読めばそれで必要な情報を得られるシニア向けホームページが多い。かいている人がシニアでない若いブロガーであるからだ。

若い人たちは、私のようにシニアである自分が感じた事を書けない。

10年先の生活を想像すると人生の羅針盤が作りやすい(体験談が意味を持つ)

老人が横断歩道を渡る時、渡り終えない内に信号が赤に変わってしまう。そんな状況を何度も見ている。道路にある信号機は、道路を渡る人間よりも自動車優先に設定されている。そんな印象がある。これから多くの高齢者が出歩く時代になる。今の横断歩道にある信号機は歩く速度が遅い高齢者を考慮に入れていない。

確かに、老人は信号無視が多い。歩く時も周辺状況を考えて歩いていない。自分の事で精一杯なのだろう。元気な老人が増えてくるが、歩く速度は普通の大人よりも遅くなるのは必然的だ。

少子高齢化の社会が目前に迫っている日本だからこそ、人間中心の道路環境を模索するべきではないか。海外では、横断歩道の信号機にセンサーを付けて人が渡り終えないうちは信号を赤に切り替えない仕組みができている。既存の横断歩道の信号切り替えにセンサーを追加して歩行者優先の仕組みに変えることが可能だ。

高齢者に優しい交通システムが求められる!

家内は友人たちと海外旅行。私は、自宅でお留守番。今日は、洗濯機の裏にこびり付いていたカビや細菌を塩素系クリーナーの漂白剤液を使ってキレイにしている。パナソニック製の洗濯機に槽洗浄コースというメニューが有るのでそれに従ってやっている。およそ11時間かかる。明日の朝には洗濯機の洗浄が終わっているだろう。

近くのスーパーに塩素系クリーナーの漂白剤液を買いに行った。帰りの公園道で寂しそうに一人で歩いている老婦人がいた。年齢は80歳過ぎのような風貌であった。まだ一人で身の回りの世話ができる体力があるらしい。何もしないで一人寂しく公園道を歩く姿が目に残っていた。もし、彼女が何らかの仕事をしていれば、人生の時間をもっと社会に貢献できているのではないかと思った。

時間を持て余している健康な老人は大勢いる。社会に貢献したいという意志を持っていても機会が与えられないのが現在の日本だ。人材不足と世間では騒いでいるが、健康な老人たちにデキる仕事を考えたらどうだろうか。

何もしていないで自分の時間を浪費している老人は考え方次第で社会に貢献できる!

定年退職の年齢がまだ60歳になっている会社が多い。65歳まで年次契約社員で働けても給与の額が違う。労働力という面で60歳と65歳では一体何が違うのだろうか。なぜ、年次契約者であると給与額が酷く下がるのだろうか。仕事の内容も同じ場合がほとんどだ。それなのに年齢だけで待遇を変えてしまう。不条理さを日本の会社システムに感じざるを得ない。

その背景には、会社側は60歳を過ぎたシニアを雇用したくないという意志が現れている。年次契約社員としての条件が気に食わなければ自発的に会社を辞めれば良いという事を誘っている。それでも会社に残って働きたいならば、文句を言わないで今まで通りの労働をしなさいということだ。

人材不足と世間では騒いでいるが、本当は人材不足ではなく、人材のより好みをしているのではないか。あと数年もすれば、そんな事が出来ないほど会社側はシニアを有効活用せざるを得なくなるだろう。シニアをバカにするな!そう思っている60歳過ぎのシニアが多い。

有能なシニアほど不条理な条件での雇用に反抗する

今月のように猛暑が続く時は、自宅に居ても快適な生活が出来ないというシニアがいる。そんなシニアは、外出して暇つぶしができるカフェで新聞、雑誌、小説などを読んでいる。スタバにもそんなシニアが大勢やってくる。スタバを仕事場として使っている私は、スタバの良い点と悪い点に熟している。スタバ通いでもう10年以上になるからだ。

スタバを勉強場にしている大学生や高校生ならば、誰もが困ることがスタバで起きることを知っている。

スターバックスで経験する嫌なこと3つ

普通の生活が出来ている人ならば、自宅の掃除で困ることはない。ただ、やらないだけだ。老人になると掃除をやりたくても出来ない体になり、どうしようもなく戸惑う。こんな簡単な掃除もできない体になってしまったと。そんな思いが脳裏に走る。私は、まだ、そのような体になっていないが私の義父92歳は、まさにそのような体になっている。

週に1回私たち夫婦は、義父が済む実家に1泊2日で介護支援に行っている。もうすぐ、2年が過ぎようとする。私の役割は、自宅の掃除だ。1階と2階を掃除機で30分ぐらい掃除する。義父は、掃除を使って掃除もできない体になっている。92歳という年齢から言えば、個人差はあるが、出来ない体の老人が多いだろう。

体力が衰えて、力がいる掃除、特にトイレと風呂場の掃除ができない。私たちは、特にトイレの掃除を念入りにやっている。風呂場は毎日はいらないという義父だからだ。トイレは、1日何度の使用するから汚れやすい。トイレが綺麗であると感じが良いからだ。こんな現実が、後、20年先にやってくるのは確かだ。

トイレの掃除は誰もが嫌がるが、綺麗になると誰もが喜ぶ

リストラ、定年退職、現在の会社での理不尽、労働環境の悪さ、給与で不満など色々な理由で会社を辞めていく人がいる。若い人は気楽に自分の将来設計を持たずに衝動でやめてしまう。40歳代以上は、家庭があるのでできるだけ会社に残りたいと働いているが、会社側の都合でリストラされたり、早期退職を強要されたり、理不尽な労働を強いられたりして会社を退職する場合が多い。

どんな理由にせよ、組織から離れて自分の人生を再設定することになる。

新卒ではないので世の中の仕組みをある程度経験しているはずだ。今以上に良い労働環境と自由で自分のキャリアを築こうとして動く必要がある。感情だけで何も準備せずに会社を飛び出す人もいるが、会社を辞める時は次のステージが準備されているタイミングに実行すべきだ。これが会社を辞める時の鉄則である。

会社を辞める前にこの3つの事だけはやっておこう!

私が使っているクレジットカードがある。一つは、アメックス。もう一つは、VISAだ。アメックスは、ICが埋め込まれていない従来型クレジットカードである。一方、VISAはIC付きクレジットカードになっている。

日本でクレジットカードを使う時、お店によってクレジットカードの取り扱い方が違う。A店では、サイン記入。B店では、端末にクレジットカードを差し込んで暗証番号を入力する。最近は、端末にクレジットカードを差し込んで暗証番号を入力する形式が増えてきている。

この夏、私の妻とその友達が東南アジアへ観光旅行に出かける。そこで持っていく家族クレジットカードをどう使用するか家内に入れ知恵をした。

海外ではクレジットカードのスキミング詐欺が多い!

© 2016 Goyat. All Rights Reserved.