私が何歳まで生きられるか分からないが、もし、100歳まで生きられるならば、こんな事をしたいと思っている。今から30年前、1988年の頃を思い出してみる。1988年(昭和63年)の時代は、インターネットもスマホもハイブリッド自動車もない時代である。私は33歳であった。上昇志向で新しい、挑戦的な人生を送ろうともがいていた。

日本は、Japan as No.1に向かって高度成長を続けていた。良き古き時代だ。まだ、終身雇用制度が生きていて毎年給与が増えて行った。安定した生活があった。家庭にはまだパーソナルコンピュータが多く入り込んでいない。モデムを使った通信が中心であった。パソコンネットだ。日本は、まだ、家電メーカーが輝いでいた。シャープも鋭い視点でユニークな家電製品を製造していた。

30年後の現代は、誰もが予想もしない世界になっている。終身雇用制度は消えて無くなりつつある。パソコンよりもスマホがより多く使われ、子供もスマホから使い始める。ハイブリッド自動車から電気自動車に時代は向かっている。少子高齢化社会が現実の社会として頭角を現してきた。

10年単位で大きな技術革新が現実化してくる。新しい技術で生まれる製品が私たちの生活を変える。80歳代の老人は、もう、インターネットと言う言葉が理解できない。スマホを使っている老人も少ない。スマホ自体も分からない。老人は時代に追いついてきていない。 

長生きを楽しむために時代について行こうと思う!

パスポートの有効期限が切れていたので新規にパスポートを申請する手続きを夫婦でした。10年前の私の顔と昨日撮影した私の顔の写真を比較してみた。53歳の時の顔と63歳の顔だ。一目見て違いが分かるのは、頭の毛の量と色だ。髪の毛の量が明らかに減っている。髪の毛の色も黒からグレーと白になっている。10年間は、それなりの老化を体にもたらしていることが分かる。

顔のシワもシミも多くなり、目立ち始めている。そんな違いが、パスポート写真を取る時に見えてくる。次回、パスポートを更新する時は、73歳になる。63歳の顔と73歳の顔でどれだけ違いが出るか、楽しみにしている。

私たち夫婦と同じようにパスポートを新規に申請するシニアは、パスポート用写真の規格寸法が厳しくなっていることに気がつくはずだ。顔の寸法が頭頂からあごまで、34mmで写されている必要がある。私の写真は、大丈夫であったが家内のスピード写真は顔が少し小さかったため、寸法外になり使えないと言われてしまった。

仕方なく、パスポートセンターにある写真屋で2枚1800円のパスポート用の写真を写して頂いた。無駄なお金を使ってしまった感じだ。10年前にパスポート申請をした時は、このような細かな規定はなかった。

パスポートは身分証明書に成るので作っておいたほうが便利だ!

働いてお金を稼ぐときに稼いだお金が老後のための資金に全て回すというのはつまらないと感じないだろうか。お金には使うタイミングがある。老後の資金は、目的として老人ホームに入居する時に発生する費用に使う場合が多い。そのために今を我慢してお金を貯めているシニアが多い。本当にそれで良いのだろうか。いつも、疑問に思う。

稼いだお金が最も有効に使える年齢は、60歳から70歳の間だ。元気で健康な体を持っている時だ。介護が必要な体になった時使うのは、お金を使う事で楽しめない。 

稼いだお金を我慢しない程度に老後の資金に回すのは構わないが、余生を楽しむお金も十分貯める必要がある。目的を持って貯めたお金を使う事でお金が生きてくる。

稼いだお金を使うタイミングを間違ってはいけない!

私は、週2回スポーツジムに行く。この写真は、昨日スポーツジムに行った時に写したものだ。

weights

ベンチプレスで使うウエイト(左右に20kg, 10kg, 5kg + バーベル13kg=83kg)を写した。私の目標は、80歳になった時に現在上げている83kgのウエイトを上げられることだ。80歳の老人が83kgのウエイトをベンチプレスで上げられるはずがないと思っている人がいるかもしれないが、私が通うスポーツジムでは、80歳近い老人がこの重量を上げているのだ。

決して無理な重量ではない。継続して怪我なくトレーニングをすれば、80歳の老人でも重いバーベルをベンチプレスで上げられる。全くの初心者がこのような重いバーベルを使ってベンチプレスをするのは考えものだ。何事にもステップがある。ある程度の基礎体力を作り込んだ後でやららないと怪我をする。

私は63歳であるが、シニア筋トレマニアに成っている。週に最低でも1回、2回はスポーツジムで筋トレをしないと体の調子が良くない。

筋トレはシニア、老人に素晴らしい贈り物をしてくれる!

今日、こんなニュースが飛び込んできた。

“貼る”SIMカード登場 既存のSIMに貼るだけで海外格安通信可能に H.I.S.「変なSIM」に導入

海外旅行をする人は、万が一のために海外でスマホが使えるようにしたいというニーズがある。現地のプリペイドカードSIMを買ってスマホに設定が出来る人は問題が少ないが、シニアには到底無理な話だ。そんな無理な作業を日本で事前に可能にする「変なSIM」が6月22日に販売される。海外でのサービスは、7月1日からとなる。

今使っているスマホがロック解除されているという大前提で既存のSIMに貼るだけで海外格安通信可能になる。

「変なSIM」はシニアの海外旅行に安心と利便性を与える

65歳を過ぎれば年金生活にはいれる。3階建ての年金(国民年金+厚生年金+企業年金)の方は、金額的に日常生活をする上で不自由はないだろう。多くのシニアは、国民年金+厚生年金である場合が多い。この方たちも生活費を切り詰めれば何とか生きて行けるが、経済的な余裕が無い。

ただ、

自分の生活水準によって今後の老後が変わる。月25万円で生活が出来ているシニアと月35万円で生活をしている人では、もらえる年金の金額で満たせる、満たせないの生活が生まれる。

私が生活している生活水準は、隣の住民とは違うだろう。違うのは、自分で毎月の売り上げを立てて収入が年金以外にあるという事だ。隣の住民は、年金だけの収入で生活をしている。上限が決まっているので無理は出来ない節約生活になる

出来るならば、

年金生活に入る前の生活水準を維持したいと思っている人が大半だろう。現状維持の生活は年金だけの収入では無理だ。年金だけの収入で苦痛を受けないようにするには、数年かけて生活水準をもらえる年金の金額に合わせる努力をしなければ成らない。

または、

年金にプラスする足りない金額を働いで稼ぐしかない。

年金受給が始まる前に最低月額5万円以上を稼げる収益チャネルを構築する

中高年から加齢臭に悩みだす。始めは、誰かが社内で体臭が臭いと言い出して自分がその体臭の原因であることに気がつく。色々と調べてみるとそれが加齢臭という匂いであった。40歳代後半から嫌な体臭で悩んでいた。午後に腰、背中、胸辺りから加齢臭が出てきているらしい。理想的な加齢臭対策は、ランチを食べてから2時間ぐらい経過してシャワーを浴びることだろう。

会社では、シャワーを浴びる施設がない。当たり前である。そんな会社があれば、嬉しいが現実はないだろう。

加齢臭を自分で自覚する時間帯がある。午後5時から6時頃だ。何故か、この時間帯に体から脂汗が皮膚から染み出してくる。頬から首にかけてその脂汗が出てきているのが分かる。

 加齢臭を無くすにはどうしたら良いかを真剣に考えた。その原因は、過去にこんな出来事があったからだ。

加齢臭を何とかしなければと思わせる出来事と3つの効果的な対策

私たち人間は、年齢によってストレス耐久力が変わるのではないかと思う時がある。私にとってカフェで仕事をしている時に赤ちゃんや幼児が大声で騒ぎだすときの声に耐えられなくなる。若い頃は、我慢する許容力がまだあった。今は、イヤホンで耳を塞いで音楽を聴き始める。

ストレスは、必要不可欠の生活要素であるが、精神的に不安定になる領域がある。何かに集中したい時の邪魔されるような音や騒ぎは、普通以上にストレスを生む。当然、個人差はある。

我慢できない音量、継続時間、繰り返しで冷静なマインドが狂いだす。シニアは、年齢とともに環境への適応能力が衰えてくる。ストレス耐久力もそれに影響されていると私は思っている。

適応能力の低下からストレスを避ける行動に出る!

インターネットのビジネスをしていると手で触ることが出来る製品を作って販売したいという気持ちになる。デジタルな製品は、手で触れることが出来ない。必ず、パソコン、タブレット、スマホなどの端末機器がないと見ることが出来ない。物理的な製品が自分で作れれば自分のブランドも構築できる。

大量生産するような製品ではなく、二度と同じ製品が作れないという製品だ。それ故、単価が高くなる。自分の手で作り込む製品ほどそんな製品が多い。自分ブランドの物理的な製品が出来れば、販売はインターネットのお店で可能だ。私は簡単にインターネットのお店を作れるのでコストはかからない。無いのは、自分ブランドの製品だ。

私は不器用な人間だ。不器用な人でも製品はアイデア次第で出来るのではと思っている。世界に一つしかない製品を作りたい。何を作れば良いかが分からない。直ぐに頭に浮かぶような製品はすでに存在しているだろう。私が作った製品に自分のブランドがあると付加価値が高まるようになると作りやすい。

自分のブランドが付加価値になって普通の物に価値が付くのは知っている!

横浜でランチを食べた後、街中をそごう横浜に向かって歩いていた。目の前に一人の老人女性が歩いていた。年齢的に80歳を越えている感じだった。歩き方が弱々しい。体も小柄でヨロヨロとゆっくり歩いている。間違って近くを通って体に触れないように歩くペースを落として遠回しで追い越した。

私も80歳を越えたら、体が枯れ始め足腰も弱くなるのだろうか?

NPO団体にいる80歳を越えた老人たちの中で力強い歩き方をしているシニア男性が見当たらない。都会の老人は、田舎の老人よりも体を活発に動かしていないからだろうか。ただ、私が元気な80歳以上の老人に出会っていないためなのだろうか。

街中を歩いている老人たちを見るたびに他山の石で自分を戒めている。私が80歳になった時は、筋肉隆々でしっかりした足取りで街中を歩きたい。 

80歳になった自分をイメージする

© 2016 Goyat. All Rights Reserved.