築地本願寺の合同墓の生前手続きを終えてその支払を本日済ませた。夫婦二人で60万円である。永代供養墓であるのでこの金額以外に費用は発生しない。分家である私は、自分のお墓を確保しなければならない。家内の父親が祖父を築地本願寺で葬儀を行い、その席に子供の家内がいた。NHKニュースで築地本願寺合同墓サービスを見た家内は、祖父の記憶が蘇ってお墓は築地本願寺の合同墓にしようと動いた。

私自身は、自分たちお墓に拘りはなかったので私達の後を継ぐ子どもたちに金銭的な負担が生まれない合同墓は良いと判断した

自分たちのお墓が従来のお墓であろうがなかろうが、重要なのは、私達夫婦がこの世に存在したということが分かれば良いことだ。姿形は無く成っても見えない世界から自分たちの子孫を見守ることが出来ると私は信じている。

面倒なことは生前に解決しておく!

スタバのカフェの中でシニア二人が仕事について話をしていた。その二人の姿を見ながら聞こえてくる話を理解した。断片的だが、どうも不動産業界の人たちらしい。年齢的に70歳近いシニアだ。働いているシニアは、自分の専門分野を持っている。体が動く限り、働き続けるという姿勢が見えた。私も体が動く限り働き続けるつもりだ。

NPO団体で輝いているシニアは、自分の専門分野で動き回っている。何か尖っている知識やスキルが有るシニアは、その技量を使える場所さえ見つければ輝き始める。70歳を過ぎたから引退したいなんて言っているシニアは考え直したほうが良い。人間の魅力は、アクティブに動き回っている人に集まる。

若い人たちも活動的に働いている専門家をお手本にする。私が70歳過ぎのシニアを見る時にその人が何に没頭しているかを見る。第二、第三の人生キャリアだ。若者も私も年寄りだから暇を余している人に魅力を感じないだろう。時間を無駄にしているからだ。その無駄になった時間を何か社会にプラスになるような使い方をしているシニアだったら嬉しい。

目的もなく街中を回遊する老人たちを横浜で多く見かける。そんな老人たちを見つけるたびに「自分の老後はそうなってはいけない!」と戒めている。

自分が得意とする分野で活躍するシニアになる

普通の体で普通の生活ができている年齢に稼いだお金、貯めたお金、年金を使うのが一番意味があり、価値がある。

多額のお金を使うタイミングを逸するとお金を使って余生を楽しむ事が出来なくなる。若者に、お金には賞味期限があると話しても理解できないと同じで老人もそのことをあまり考えていない。お金を貯めればそれで何とかなると思っている人が多い。お金は使わなければお金を持つ意味がない。

自宅で普通の生活ができている年齢のうちに余生を楽しむ事にお金を使ったほうがお金にとって一番良い事だ。お金は、使われるためにある。使わないお金は、持っていても意味をなさない。

老後のためにお金を貯めている、稼いでいるというシニアは、お好みの老人ホームを探してどれぐらいの費用が必要なのかを調べるべきだ。その費用を払える金融資産があれば、それを銀行口座に入れていったん凍結する。あとは、余ったお金で好きな事にお金を使い倒す。

これは極端な例であるが、お金を使っても楽しめない体や年齢になったら手元にあるお金が意味をなさない!

老人ホームの世話になる年齢を出来るだけ遅らせる?

私は、スターバックスのお店を仕事場として毎日使っているノマドワーカーだ。ノマドワーカーにとって辛いことは、スタバで仕事をしている時にやってくる若い母親たちと彼女らの赤ん坊や幼児である。若い母親は、午後3時から5時頃までスタバで気分転換をする。同じ境遇にある若い母親たちと一緒に子育ての苦労とストレスをおしゃべりで発散して行く。

若い母親たちは、おしゃべりが始まると周りのお客の存在を忘れる。おしゃべりに夢中になり、大声で話し始め、自分たちの子供から目が離れる。赤子は泣き叫び、幼児は叫びながら店内を走り回る。赤子と幼児の声は、サイレンのように鳴り響く。店内にいるお客は、イヤホンを耳に差し込んで音楽を聞き始める。それしか対策がない。私もそうするのだが、しばらくは集中して仕事ができない。

赤子や幼児の声は音程的に親に伝わりやすいようになっている。そのため、イヤホンをしてもその叫び声は伝わってくる。この状態が30分以上続くと私のようなシニアは、忍耐力の面で限界に近づく。

スタバで若い母親たちが3人集まり、その子供が暴れ始めると・・・

シニアがお金を使う時は、生活でどうしても必要な物か、個人の欲求で買う物かのどちらかだ。私は、基本的にあまりお金を使わない性格のシニアである。ビジネスをしているとお金を使う時に気を使う。無駄遣いはしたくないからだ。毎年、年末に翌年に買わねばならない物が浮かんでくる。目に見えている物を買うのは良いのだけれど、突発的にお金を使わざるを得ない場合は困る。

購入対象になっていない製品(1万円以上を対象)を買ってしまった。2つある。

  • Gentenの革財布(1万3000円ぐらい):古い財布がほころびて来たのに気が付いたからだ
  • スコッチグレインの撥水加工革靴(2万3000円ぐらい):今まで履いていた撥水加工革靴が痛んできたため

この二つ品は、セールスキャンペーンをやっていて通常よりも大分安かったからだ。革財布も革靴も消耗品であるのでいつか買わねばならない。タイミングが今年になっただけなのだが。

突然発生した!冷蔵庫の心筋梗塞症状と炊飯器の故障

一般的に聞くことは、老いてくると睡眠時間が短くなるというのだが、63歳になっても私の睡眠時間は変わらない。50歳の頃からベッドに入って寝る時間は、夜の10時30分から11時頃だ。朝起きる時間は、午前7時頃。このパターンが50歳から現在まで続いている。老いてきていることは確かだが、睡眠に関しては老いの現象が起きていないみたいだ。

私のように自分でビジネスをしているシニアは、仕事で体が疲れている。これが定年退職して仕事がないシニアならば、夜何もすることがなければ早く寝てしまう。早く寝れば、早く起きるのが自然だ。

多分、私のケースは、仕事からくる疲れが睡眠時間を短くさせていないのだと勝手に解釈している。

満足が行く睡眠をしているかどうか!

65歳になった時にあなたの実力が試される。会社と言う組織を離れて自分一人で何をするかだ。まず、自分の名刺を作って頂きたい。その名刺がこれからのあなたの顔になる。誰かに自分を紹介する時に渡す名刺なる。

老後のキャリアを何にするか。

転職先の名刺ではなく、自分だけの名刺だ。自分と言う人間をこれから出会う人に知ってもらうための名刺である。自分の名刺が無い生活は寂しい。会社を卒業すると名刺を失うからだ。

65歳を過ぎた時に作る自分の名刺は、あなたのこれからの人生を物語るはずだ。

65歳になった時に自分の名刺を作ってください!

 500e
Lenovo Chromebook 500e一般ユーザー向けに最適だ!

手元にASUS Chromebook Flip C302Cがある。このパソコンでこの記事を書いている。今年の5月にLenovoから新しいChromebook 500eが教育市場に販売される。一般市場にもこの機種は販売されると思っている。米国では、既にLenovo Chromebook 500eが309ドルで販売されている。私は、500eのChromebookを年末のクリスマスシーズンに米国アマゾンから購入したいと様子をうかがっている。

米国アマゾンでは、クリスマスシーズン前から製品の価格を下げてくる。その時期にLenovo Chromebook 500eも対象製品になっていれば、3万円から3万5千円ぐらいで買えると思っている。このぐらいの金額ならば、小遣い程度であるので懐は痛まない。

Lenovo Chromebook 500eのどこが魅力なのか?

なぜ、65歳からの5年間が重要であるのか。

65歳からは、本当の自分の人生を歩み始める第一歩であるからだ。誰もああしろ、こうしろとお世話をする人はいない。自分の人生を好きに作れる。年金受給が始まるので経済的に多少は楽になる。金銭的に余裕がないシニアならば、余裕を生み出すことをやれば良い。夫婦で老後の生活をどの様にしたいかをじっくりと話し合う年齢だ。

65歳から5年間は、健康や体力の面であまり問題を抱えない。足の筋力が衰えても普通の生活が出来ないほど衰えない。やりたいと思ったことがまだできる体だ。70歳以降のシニアは、健康面で問題を抱え始める。老化が進むのだ。そうなる可能性が少ない65歳からの5年間を夫婦で満足が行く使い方をしなければ後で後悔する。

65歳からの5年間はまだ体に若さがある!

インターネットの仕事をしていると道具であるノートパソコンに拘る事になる。今までは、ThinkPad Xシリーズをメインのツールとして使ってきているが、来年からはChromebookにしようかなと思っている。現在使用中のThinkPad X260は、バッテリーさえ新品にすればあと数年は使える。

最近のChromebookは高級路線に入ってパワーも強化されてきた。Google Pixel Chromebookは、ThinkPad Xシリーズ並みの価格だ。CPUもIntel Core 7になっている。

pixle chromebook google

ThinkPad X280はバッテリー駆動時間が短くなって1日中使えない

© 2016 Goyat. All Rights Reserved.