老健施設に入居している義母から珍しくリクエストがあった。「大人の塗り絵」を買ってきて欲しいという。老健施設で塗り絵の教室があり、非常に楽しめたようだ。手先が器用な義母であるため、出来上がった塗り絵を見たら確かに綺麗に出来上がっていた。

横浜の有隣堂に立ち寄って「大人の塗り絵」を2冊購入した。一つは、昭和の時代の街並み風景をテーマにした塗り絵。もう一つは、塗り絵を絵葉書にして送れる葉書サイズの塗り絵である。

塗り絵は、色鉛筆を使って指先を動かし、色彩感覚を刺激する。指先を動かしながら脳を刺激する作業になるので認知症予防に効果がある。男性の老人には向いていないが女性ならば、結構楽しめているようだ。

義母は86歳。認知症の初期段階の症状があるので「大人の塗り絵」は治療に良い!

「永遠の命よりも最愛の妻と一緒に時を過ごし世を去りたい!」と願っている夫が多いのではないか。人は、長生きをしたいとお金をかけて健康食品を買ったり、水素水を飲んだり、運動をしたりする。

でも、

どうも、思うようには行かない場合が多い。私も筋トレに励んでいる。筋トレを続けているとテストステロンという男性ホルモンが生成される。このホルモンが老化防止に役立つと言う。

長生きをしたいけれど永遠の命はいらない。この世に生きているならば、生涯の伴侶と一緒に居られる時間をできるだけ長くしたいだけだ。伴侶を失うと後を追うように残った伴侶も他界して行く確率が高い。何か、そこに分からない力が働いているのかもしれない。

一般的に男性よりも女性が長生きをするが、ケースバイケースだ。私が長生きをするよりも家内に長生きをしてもらいたいと願うのは、男性ならば、その心理がよく分かるだろう。

男性よりも女性の方が一般的に社交性があり、余生を楽しく過ごせるからだ。男性は、妻によって生活が支えられて生きてきたので妻がいなくなると空虚な精神状態になる。見えない場面で夫は妻に支えられて生きている。伴侶というものはそんなものではないか。

一人の人生はつまらないの一言だ!(男性視点で)

毎日横浜の駅周辺に外出してくる老人が多い。どう見ても仕事で横浜の中心地にやってくるとは見えない。服装を見てもカジュアル過ぎるからだ。朝のマクドナルト、ドトールカフェなどを覗けば老人たちが大勢席を温めている。9時を過ぎれば、カフェに残るのは老人客だ。

都会に毎日外出する老人たちの目的を知っているだろうか?

シニア女性も男性も自宅に引っ込んだ生活に物足りなくなってきているだけの理由ではない。こんな理由がある。

都会が老人の遊び場?!

多くの高齢者が直面する老後の生活に寝て動けない生活がある。何らかの病気、骨折などで一人で自分の体を動かせなくなるときだ。老人が一度ベットで寝て過ごすことが日常になると死を待つ生活になる。その時間が長いか、短いかは誰も分からない。

ただ、

寝て何もできない生活は退屈でつまらない。寝ていなければならない身体になった時でも何かできるはずだと誰もが思うはずだ。頭がしっかりして普通の判断ができる状態であれば、考えることができる。考えたことを実現する道具さえあれば、体が動かせなくても外部に対して情報を発信したりできる。

認知症で脳をやられたらどうしようもないが、その時は寝ながら何かをやろうと思っても考えたことをすぐに忘れてしまうから何もできない。体は自由に動かせないが、上半身が自由にできれば何かが必ずできる。

 誰もが「立って動き回れる時期」と「寝て生活する時期」を迎える。老いてくれば、自分の体を自由に動かせなくなる。車椅子の生活からベッド生活に移る。その時にどのように残った時間を楽しむかを今から考えておく必要があるのではないか。

老いて動けない体でも「残りの人生を楽しむ方法」を考える

時々、ランチを終えた後に散歩をする。散歩と言っても公園を歩くのではない。ヨドバシカメラのお店で何か新しい製品がないかを探す。女性は、デパートに行く頻度が高いが、男性は、家電量販店に足を運ぶことが多い。私が行く場所は、パソコンのフロアーである。新しいパソコンを触りながら何がどう変わったのかを調べる。

実機を触ってみないとパソコンの良さはよく分からない。特に、キータッチは触ってみないと感覚がつかめない。パソコンで気になる箇所は、いつも使うキーボードである。キータッチが感じが良いと疲れない。ブログを書くときも快適に書ける。

このパソコンは買いたい!と思う時がある。だが、・・・

「ほしい!」という感情と投資対効果

政府は、単純労働者として海外からの労働者を受け入れる事にした。今まで以上に私たちの生活の中で日本人でない外国人が増えて来る。特定分野で人不足なため、経済界からのプレッシャーに政府は負けたのだ。時代は、以前からグローバル化と言われていたが日本は島国のため他国からの侵入が少ない。米国はメキシコや中南米からの違法侵入者が国境を歩いて渡ってくる。

明治の開国を第一ステージであるならば、今は第二ステージに入ろうとしている。一般大衆の生活の中で外国人労働者に触れ合う機会が増える。違った文化を背負った外国人労働者が日本文化にどのような影響を及ぼすかは未知数だ。良い点、悪い点、色々あるだろう。

横浜市には比較的多くの外国人が住んでいる。今、スタバでブログを書いているのだが、私の横に座っている女性二人は中国人だ。中国語でおしゃべりをしている。街中を歩いているとベトナム語、中国語、韓国語、フランス語、英語の声が聞こえてくる。

私が住むマンションの隣人は、インド人一家である。交流はほとんどない。朝、出勤時に顔を合した時に挨拶をするぐらいだ。日常生活で交流する機会が無い。外国人(Non-Japanese)が増えてくると文化、生活習慣、価値観の違いから摩擦が起きる。政府は、国民の生活で起きる外国人との摩擦、不安、地域での共同生活などをどう支援して行くつもりだろうか。

日本人の生活習慣、価値観、文化、外国人という言葉から来る差別

南半球のオーストラリア、ニュージーランドは初夏に季節が移っている。日本は、秋から冬に移っている。寒いのが嫌な人は南半球に旅行をする。水着を携えて。

いつも思う事が有る。女性のビキニ水着姿と普通の下着姿に何が違うのか。どちらも上下を隠している。同じ事が男性の水着にも言える。違うのは、着る物の材質ぐらいだろう。bikini

でも、

教えられた常識は、下着姿は恥ずかしいもの、外で人に見せない姿であるという事だ。一方で、水着姿は公然と見せて歩く事が海水浴場やプールでできる。見せつけるデザインやファッションになっている。グラビアギャルは、ビキニ水着姿で雑誌の表を飾る。

ビキニ姿も下着姿も隠すべき場所を隠しているだけが同じだ。ある時、ある女性にお酒の席でこんな質問をした事が有る。

ビキニ姿の水着と下着姿で何か感じ方に違いがあるのか?

6人の70歳代シニアと一緒に札幌まで仕事で出張した。73歳から77歳ぐらいの方々だが、活発にNPOの仕事をこなしている。仕事を終えて知人が懇意にしているスナックで夕食を取った。そこで出た話が、健康と筋肉。特に足の筋肉が目に見えるほど失っていくことだ。73歳の方が、最近、ふくらはぎが痩せてきたことに気がついたと言う。

その話が発端となって足の筋肉を失うと死を待つ人生が始まるという話題に発展した。

スナックに同席した5人のシニアが全員うなずいた。自分の足で自由に歩けなくなると人生が終わると。年齢的に70歳後半のシニアは、友人・知人が老人ホームで生活を始めているからだ。その理由が、足だ。自分の足で歩けなくなったことが原因だ。

足の筋肉が痩せてはっと気が付く危機感!

2017年度のセブン-イレブン店舗に訪れるお客の46%近くが50歳以上の高齢者だ。来客の年齢階層別構成比(セブン-イレブン)参照。コンビニは、高齢者の雑貨店になっている。生活で必要な物の殆どがコンビニで売られているからだ。

私の義父は、92歳で一人生活をしている。数年前までは、まだ、足で遠くに歩ける脚力があったのだが今は50メートル歩いて一休みの調子だ。近くのスーパーマーケットが線路を渡った場所にある。今は、その踏切を渡りきれないのでスーパーで買物が出来ない。

幸運にも自宅から歩いて50メートルの場所にファミリーマートがある。今は、このファミリーマートで日常生活で必要な食材を買っている。自分の足で自由に歩けない老人の生活は、コンビニが近くにあるか、ないかで利便性が相当違うのが分かる。

昔は個人の雑貨商店、今はコンビニ店!何が変わったのだろうか?

関門海峡の地下60メートルに関門海峡人道がある。対岸までの距離が780メートル。歩いて15分で行ける。この地下トンネルを毎朝高齢者が黙々と歩いている。人道を歩く老齢者たちをインタビューしたドキュメント72時間であった。色々な境遇の高齢者が色々な理由でこの地下トンネルを活用している。

私は、まだ、下関に行っていない。いつか、行ってみたいと思っている。その時は、この関門海峡人道を家内と一緒に歩いてみたい。

65歳になって仕事から離れたシニア男性が、こんなことを話していた・・・! 

歩きながら人生を考える時間を持つ

© 2016 Goyat. All Rights Reserved.