なぜ、男性は綺麗な形をしているヒップに引かれるのだろうか?

毎週土曜日の午後は、スポーツセンターにあるジムでウエイトトレーニングをやっている。今日はトレーニングの日だ。嬉しいことがあった。いつもより1時間ほど早くやって来たら、混んでいなかった。その上、若い女性が筋トレをやっていた。

可愛い女性であったのでチラ、チラッと姿を眺めていた。彼女がはいていたトレーニングパンツがヨガで使われているタイトなタイツのようなパンツであった。腰からお尻までぴったりしているのでスタイルが目立っていた。

男性が同じヨガストレッチパンツをはいていたら、あのように綺麗なお尻にはならないだろう。

なぜ、男性は綺麗な形をしているヒップに引かれるのだろうか?

男性は年齢に関係なく美しい女性に目を取られやすい。若い男性は、すぐに声をかけてナンパする行動に出るがシニア男性は遠くから眺めるだけだ。年齢を重ねて生きてくると自分だけが感じる「美」を見つけられる。

ひょっとすると、今日見かけたあの女性がはいていたヨガストレッチパンツが作り出す女性の「ヒップ美」がそれかもしれない。私と同じような感覚を覚えた男性はどれだけ居たのだろうか。たぶん、個人差がある。全然気がついていない男性もいるだろう。

女性も男性同様に男性のヒップなんかを眺めて何か感じ取れるのだろうか。筋トレをする男性の中には、スポーツ用のスパッツ姿の人がいる。私の目からしてスパッツ姿で筋トレする必要があるのだろうかと疑う。多くの男性は、上がTシャツ、下がショートパンツかトレーニングパンツだ。

どれをとっても男性のヒップの形を目立たせるような服装では無い。

私のようなシニア男性がジムで目が行くのは、贅肉が無い逆三角形の上半身をした若者たちだ。わたしも贅肉をあの若者ぐらい減らしたいと思いながら彼らの体格を見ている。筋トレにやってくる人は、圧倒的に男性だ。若い女性は少ない。そのため、目立つ。

若い女性は、筋トレでもファッションに拘っている。当たり前と言えば当たり前かもしれない。オオカミが集まっている群れに可愛い子羊がやってくるのと同じだ。自然と可愛い子羊に視線が行く。子羊はその視線を喜んでいる。視線を浴びたいためにオオカミが喜ぶ姿になってやってくる。

そんなイメージでヨガストレッチパンツをはいた若い女性を眺めていた。

 

このページのシニアライター:Norito H.Yoshida

Profile

雇用される生活から自分を雇用する生活をしている。2019年現在で13年間、起業中。時間と場所に制約されないインターネットビジネスで生活費を稼いで自分独自のライフスタイルを作る。米国の州立大学 Western Washington University, B.S. in Sociology, Bellingham, Washington, USA を卒業してソニー株式会社、Yahoo!Japanで自分がやりたい事をやってきた。

最終的には、私が望んでいた起業(自分の手で稼ぐ生活)が実現。51歳の時に起業してこれからも生涯現役でインターネットビジネスの世界で生きて行く予定。今の時代は、65歳を過ぎると自分を雇用して生きて行く道しか残されていない。本来、その道が当たり前なのだが。人間は弱いので他人に頼る生活を求めがちだ。

シニアの生活実態は人様々。私が発信するシニアの生活体験記が参考になれば幸い。

© 2019 Goyat. All Rights Reserved.