65歳シニアの仕事探しは年齢で制約がない職を狙う!

「シニアの仕事と収入」で検索してみたら、アルバイトやパートを検索できるサイトがリストされた。いくつかの仕事サイトを眺めてみたが、心が動くような仕事は見つからなかった。シニア向けの仕事は、検索では見つからないと感じた。

自分が住む地域で人手がいる仕事を自分の目で探してみるのが一番良いのではと思っている。時給などに優先順位を置かないで「こんな仕事は面白いのでは・・・」、「やってみたいと思う仕事・・・」という視点で探してみる。

検索サイトに掲載されている募集の仕事は、多くが仲介業者が入っている。これを避けて仕事を探すには、スタッフ募集のチラシがお店に貼られたところに直接申し込むことだ。

オフィスワークを望むならば、自分が得意とするスキルでウエブ検索するしかない。お店で働く仕事は、どこでもスタッフ募集をしている。一番興味がある業種のお店で自分が出来る仕事を探すのがおすすめだ。

年齢で制約がない職業とは?

65歳を過ぎたシニアは、ハローワークで仕事を探しても案件が少ないことに気がつく。見つかって履歴書を送っても年齢で面接も受けられない。見えない年齢制限が大きな壁になる。年齢で制約がない業界や分野を探すのがシニアの生きる道かもしれない。

人手不足で年齢を問わず募集している業界

少子高齢化で若者が少なくなると高齢者が人手不足の市場で求められ始める。需要はその人の職業経験ではなく人手だけである。若者が嫌う職場が人手不足になっている。未経験者歓迎というキャッチコピーで人手を探している。

介護ヘルパーやアシスタント、交通誘導警備、マンション管理などの分野は、人手を探している。65歳という年齢が障壁にならない。こんな分野での仕事を嫌わないで挑戦するシニアならば、職はすぐに決まるはずだ。体力を要求し、ストレスが多い。若者が嫌う仕事はシニアにとってはチャンスになる。

パートやアルバイトは近くのスーパーマーケット店などを探すとすぐに見つかる。レジ作業はセルフレジが増えている。お金のやり取りはお客さんが自分でやる仕組みがどんどんスーパーで導入されている。シニアでも十分対応が出来る仕事がスーパーマーケットで生まれている。

専門職

語学力がある人は、翻訳業、通訳業、観光業分野で仕事を探せる。少なくとも英語や中国語が堪能であれば、ウエブサイトのコンテンツを英語や中国語に翻訳する仕事は今後増加する。

自分で営業が出来るならば、自分のスキルをベースにコンサルティングサービスを提供できる。そのスキルが専門的であればあるほどその専門性を求めている分野を絞り込める。絞り込んだ先の企業に営業をかけることでその需要を打診できる。

今後増大する専門職は、介護と保育分野であることは誰でもが認識している。数年先を睨んで今からその資格を取得する勉強や経験を積むのも良い。5年先から10年先の需要を見込める専門スキルはシニアでも学べる。

注意することは、ロボットやA.I.が取って代わる可能性が高い専門職はやめる。人間でないと駄目な専門職をターゲットにする。または、ロボットやA.I.をメンテナンスする専門職になる知識や経験を身につける。人間のニーズを満たす時に人間でないと満たされない職業を探すことになる。

教育の分野は、教師と生徒の関係で生徒の成長が変わってくる。生徒の感情を理解できないとその生徒にあった動機付けが出来ない。ロボットやA.I.はまだ人間の感情領域まで到達していない。

人間は人間に恋をする。人間でないと駄目な欲求が人間にはある。何もしない人レンタルというサービスを提供している人がいる。そんなサービスを求めるお客は、何を求めているのかを追求すると人間の欲求が見えてくる。ロボットやA.I.では満たされない精神的な欲求である。

人材派遣分野になるが、恋人のレンタル、母親のレンタル、家族のレンタル、親戚のレンタルなど自分の生活で足りない部分を人間レンタルで補うサービスもある。特に結婚式をあげる時に何らかの事情で親戚が参加できない場合など人間レンタルが欲求を満たす。

自分を雇用する起業(個人事業主になる)

65歳を過ぎてしばらく自由な生活を送っていると組織の中で監視されながら仕事をすることに相当のストレスを感じる場合が多い。雇われるという事は誰かが上司や先輩となってあなたを指導することになる。それが今まで自由な生活をしていた気分を害する。雇用されると自由が奪われる。その代わり、収入が得られるというトレードオフがある。

ストレスフリーの仕事をしたければ、自分がやりたいと思っている業種でビジネスを起こすしかない。

老人が働くという事は、若い人以上に制約があり、辛い面が多い。起業は、そのデメリットをメリットに変える面がある。起業するチャンス(ビジネスアイデアとやる気と興味)に恵まれた高齢者に必要なのは、ちょっとした勇気と失敗しても深い経済的なリスクを負わない方法だ。

高齢者が起業する時は、自分のリソースを活かすサービスビジネスが良い。お金が先に求められる店舗ビジネスではなく、やって上手く行けば報酬が得られるサービスがお勧めだ。短期間でお金を稼ぐ事に急ぐと失敗する。高齢者は、地道に時間を味方にしてビジネス基盤を作るやり方が上手く行く。

ビジネスは、技術力でお客を獲得する以上に潜在顧客との触れ合いで得られる場合が多い。人知り、仲良くなることで信頼感が生まれる。顔を何度も合わせることでその人の能力や性格を知る事が出来る。シニアの強みは、経験という裏付けと人間力ではないか。

1年ぐらい時間を投資して5年先、10年先の市場ニーズを満たすスキルや資格を身に付けることがこれからのシニアにとって一番重要であると思う。今すぐにお金を稼ぎたいシニアは、好き、嫌いの感情を無視してお金稼ぎに専念するしかないだろう。

インターネットに興味があり、勉強しているシニアならば、昼間肉体労働をして、夜はインターネットビジネスでお金を稼ぐという二刀流が出来る。現実とインターネットの世界でのビジネスは、並列で展開できる。 

結論

65歳を過ぎたシニアには、年齢という見えない壁が職探しで大きな障壁になる。シニアが働ける業界は、若者が嫌う業界が多い。人手がほしいと募集している業界は、年齢制約がない。とにかく人手がないと仕事が成り立たないという業界を狙うしかない。

自分の専門スキルを活かしたいならば、その分野の人脈を頼りにするしかない。専門スキルは、ロボットやA.I.に取って代わる時代になっているので10年先を見て専門分野の職を探す必要がある。

私のオススメは、インターネットビジネスをやりながら現実の世界でアルバイトやパートの仕事をすることである。そんな事が可能になるインターネットビジネスの勉強を今からすれば、年齢制約がない仕事環境を自分で作れるようになる。

 

このページのシニアライター:Norito H.Yoshida

Profile

雇用される生活から自分を雇用する生活をしている。2019年現在で13年間、起業中。時間と場所に制約されないインターネットビジネスで生活費を稼いで自分独自のライフスタイルを作る。米国の州立大学 Western Washington University, B.S. in Sociology, Bellingham, Washington, USA を卒業してソニー株式会社、Yahoo!Japanで自分がやりたい事をやってきた。

最終的には、私が望んでいた起業(自分の手で稼ぐ生活)が実現。51歳の時に起業してこれからも生涯現役でインターネットビジネスの世界で生きて行く予定。今の時代は、65歳を過ぎると自分を雇用して生きて行く道しか残されていない。本来、その道が当たり前なのだが。人間は弱いので他人に頼る生活を求めがちだ。

シニアの生活実態は人様々。私が発信するシニアの生活体験記が参考になれば幸い。

© 2019 Goyat. All Rights Reserved.