レジでのレシートとお釣りの渡し方がシニアにとって負担!

私がいつも利用するスターバックスでも近くのスーパーマーケットでも店員が渡すレシートとお釣りの小銭の渡し方で非常に困っている。レシートとお釣りの渡し方順序がおかしいのだ。私は、小銭を先に小銭入れに入れるのだがレシートの上に小銭を置いて渡されると小銭入れに入れ難い

シニアは老化現象で指先の動きが衰えてくる。

シニアにとって一番都合の良い渡し方は、・・・

間違ったお釣りとレシートの渡し方がシニアを困らせる

スターバックスやスーパーマーケットの店員は、先輩たちのやり方を見ながらそれが正しいと思ってお釣りとレシートの渡し方を真似している。誰も、シニアの心情を理解していない。だからこそ、私は言いたい。

シニアが求めるお釣りとレシートの渡し方

まず、こんなステップでお釣りとレシートを渡してほしい。一度にこの2つを一緒にして渡さないこと。各ステップごとに完結して行う。

  1. レシート
  2. 小銭のお金

決してレシートの上に小銭を乗せて渡さない!

小銭入れに小銭を入れようとするときにレシートの上にある小銭がこぼれてしまうからだ。小銭だけならば、手のひらの感触があり上手くコントロールが出来る。レシートの上の小銭は、レシートが手のひらの感覚を妨害してしまう。そのため、レシートの上の小銭を小銭入れに流し込むような動作になり、小銭入れからこぼれやすい。

シニアに対してはレシートと小銭を一緒に渡さない。まず、お釣りの小銭を確認しながらトレーに置く。その後でレシートをお釣りの横に置くことである。決してお釣りの上に置かない。お釣りとレシートが一度に見える置き方である。レシートが必要かどうかも聞いてほしい。レシートが不要な老人ならば、お釣りだけで済む。その場合は、何も問題が無い。

シニアの都合と利便性を優先する視点が必要!

シニアは電子決済やキャッシュレスのカード決済よりも現金を使う。お店はお客さんの利便性を高め、決済の効率と正確性を求める。その時のお客さんはシニアではない。一般客になる。スーパーマーケットの午前は常連客のシニアで混む。特にレジでは待たされる。待たされる理由は現金決済手続きである。

レジ担当がシニアにお釣りを手渡す時に問題が起きやすい。トレーの中に小銭を載せたレシートを置く。シニアは財布に小銭を入れてからレシートを入れる。その時、レシートの上に小銭が置かれるとレシートが邪魔で小銭が取り難い。小銭とレシートを別々の場所においてほしい。そのほうがシニアにとって取りやすい。

効率を優先する前にお客さんの都合と利便性を優先してほしい。お客さんに負担を感じさせるお釣りとレシートの渡し方はシニアにとって負担になる。

ちょっとした違いなのであるが、シニアは自分の体のコントロールが難しくなっている。

結論

  • レシートの上に小銭を置いて渡さないでくれ!シニアは小銭入れに入れる時に小銭を落としてしまう。
  • お釣りの小銭、または、レシートを先に渡して2ステップにしてほしい。一緒に渡さない。
  • トレーに置くときはお釣りの横にレシートを置く。小銭を取りやすくする
  • シニアは指先が老化で不器用になる。レシートの上に小銭を置いて渡されると小銭を落としやすい。

Search

私のブログサイトはリンクフリーです

  • このブログサイトは、私の許可なくリンクを張って頂いても問題はありません

このページのシニアライター:Norito H.Yoshida

Profile

雇用される生活から自分を雇用する生活をしている。2019年現在で13年間、起業中。時間と場所に制約されないインターネットビジネスで生活費を稼いで自分独自のライフスタイルを作る。米国の州立大学 Western Washington University, B.S. in Sociology, Bellingham, Washington, USA を卒業してソニー株式会社、Yahoo!Japanで自分がやりたい事をやってきた。

最終的には、私が望んでいた起業(自分の手で稼ぐ生活)が実現。51歳の時に起業してこれからも生涯現役でインターネットビジネスの世界で生きて行く予定。今の時代は、65歳を過ぎると自分を雇用して生きて行く道しか残されていない。本来、その道が当たり前なのだが。人間は弱いので他人に頼る生活を求めがちだ。

シニアの生活実態は人様々。私が発信するシニアの生活体験記が参考になれば幸い。