妻の国民年金の支払い

家内は専業主婦である。万が一、私が他界したらお金を稼げない。収入は国民年金だけになる。最大で月額6万4000円ぐらいだ。この額で生活は出来ない。多少の金融資産があっても国民年金だけでは生活は非常に難しい。男性よりも女性の方が経済的に苦しい老後を送る事になる。

夫が生きているうちに出来るだけ妻に収入を与える仕組みが必要だ。同時に国民年金の額を増やしてあげるべきだろう。

妻の国民年金の受給額を増やすには・・・

方法は3つある!

その1・・・60歳まで国民年金を支払うのだが、480ヶ月に満たない場合は任意的に65歳まで支払い続ける

その2・・・60歳になる前までに国民年金に付加年金の支払いを追加する。付加年金額は月額400円。

その3・・・国民年金の受給年齢を65歳から70歳以降まで延期する。

上記の前提条件は、夫がお金を稼ぎ続けていれば可能だ。私は、家内のために国民年金を65歳まで支払い続ける予定だ。既に付加年金を追加して支払っている。その3の国民年金の支給を延期するかどうかは、家内次第だ。

私は死ぬまで働き続けるので働き続けている間は妻のためにお金を貯める事が出来る。妻が働かなくても固定収入が得られる国民年金と私が家内に残す老後資金で何とかさせたい。

仮に65歳で家内の年金受給が始まるとしたならば、予想月額として7万円から8万円ぐらいだろう。この金額では、足りない。足りない生活費は、貯蓄からの切り崩ししか無い。

今、私が妻のためにやっている事は、ブログサイトから得られる広告収益を妻の売り上げにして自動的に収益が妻の銀行口座に入金されるようにしている。ブログサイトで誰かが記事を書き続けている限り、広告収益は生まれる。私が他界しても数年はある程度の金額を維持できるのでは無いかと思っている。

私の他界後、妻は、(1)国民年金、(2)私が残す老後金融資産、(3)ブログサイトから生まれる広告収益、そして、(4)遺族年金で老後の生活費をまかなう事になるだろう。

一番良いのは、私が家内と一緒に長生きをして働き続ける事でだ。私が働き続けていれば、キャッシュフローが毎月生まれる。毎月キャッシュフローが生まれれば、金融資産も増えていく。これを可能にするには、健康維持と新しいビジネスチャンスを掴み挑戦し続ける事だ。

少子高齢化現象で人材不足が話題になっているが、高齢者が働ける環境がまだ整っていない。高齢者は普通の労働者と同じ働き方は出来ない。自分に合った労働環境を求めるならば、自分でビジネスを起こし稼ぐしか無い。最終的には、必ず、Self-employmentになる。これが出来れば、多くの問題を自分で解決できるようになる。

この時点で個人差が生まれる。出来る人、出来ない人、挑戦する人、諦める人。

付加保険料の納付のご案内

 

このページのシニアライター:Norito H.Yoshida

Profile

雇用される生活から自分を雇用する生活をしている。2018年12月現在で12年間、起業。時間と場所に制約されないインターネットビジネスで生活費を稼いで自分独自のライフスタイルを作る。米国の州立大学 Western Washington University, B.S. in Sociology, Bellingham, Washington, USA を卒業してソニー株式会社、Yahoo!ジャパンで自分がやりたい事をやってきた。

最終的には、私が望んでいた起業(自分の手で稼ぐ生活)が実現。51歳の時に起業してこれからも生涯現役でインターネットビジネスの世界で生きて行く予定。今の時代は、65歳を過ぎると自分を雇用して生きて行く道しか残されていない。本来、その道が当たり前なのだが。人間は弱いので他人に頼る生活を求めがちだ。

シニアの生活実態は人様々。私が発信するシニアの生活体験記が参考になれば幸い。

© 2019 Goyat. All Rights Reserved.