Chromebookと超薄型Bluetoothキーボード:シニアの使い方

スタバを仕事場として使っている65歳のシニアである。Chromebookパソコン、パソコンスタンド、Bluetoothキーボードをリュックに入れてスタバでインターネットの仕事をしている。カフェで仕事をするときに困ることは、首と肩がコリ始めることだ。姿勢がどうしても前かがみになる。この姿勢で首と肩の筋肉に必要以上の負荷がかかる。

その問題を解決するためにパソコンスタンドを持ち歩いている。Chromebookノートパソコンのが綿を見る位置を調整するためにパソコンスタンドが役に立つ。少なくとも前かがみになって画面を見ながらキーボードを使う必要がなくなる。

パソコンスタンドを使うとChromebookのキーボードが使いづらくなる。そこで超薄型Bluetoothキーボードが登場する。次の写真を見てもらいたい。使い方がわかるはずである。

 

Chromebook、パソコンスタンド、超薄型Bluetoothキーボードで仕事をする

カフェで長時間パソコンを使った仕事をする人にとってこのセットは非常に便利である。前かがみになってパソコンを使う必要がなくなる。姿勢も改善され首や肩の筋肉に負担が行かない。私のようなシニアがノートパソコンを使うときはどうしても快適さを求める。画面を見る目の位置で首や肩の疲れが違ってくる。

もし、カフェで1時間以上パソコンを使うようならばパソコンスタンドと超薄型Bluetoothキーボードを追加したほうが良い。

HP Chromebook X360 14+Nexstand(パソコンスタンド)+キーボード

hpx360

このセットでカフェでの仕事が快適になっている。リュックに入れる持ち物がパソコンスタンドと150グラムの超薄型キーボードの追加となるだけだ。

超薄型Bluetoothキーボードの凄さは、使用時間の目安:連続動作時間/約189時間、連続待機時間/約359日、想定使用可能時間/約167日というバッテリー駆動時間の長さである。

keyboard for tablet1iBUFFALO Bluetooth3.0対応 コンパクトキーボード 薄型モデル BSKBB24BK

●Bluetooth接続だからPCだけではなくタブレットにも最適
●快適で確実なキータッチを実現するパンタグラフ式
■対応機種:Bluetoothを搭載したパソコン、Android端末、Macシリーズ、iPad、iPhone、PlayStation3(HIDプロファイル対応のこと)
■対応OS:Windows 8.1(64ビット/32ビット) / 8(64ビット/32ビット) / RT / 7(64ビット/32ビット) / Vista(64ビット/32ビット) / XP、Android .4.1~、iOS 6.1~、Mac OS X 10.6~
■キー数:64キー
■キーピッチ:17mm
■キーストローク:1.2mm
■キースイッチ:パンタグラフ
■適合規格:準拠規格 Bluetooth Ver.3.0 class2準拠
■プロファイル:HID(Human Interface Device profile)
■電波周波数:2.4GHz帯
■電波方式:FH-SS方式
■電波到達距離:非磁性体(木の机など)約10m、磁性体(鉄鋼の机など)約3m
■使用時間の目安:連続動作時間/約189時間、連続待機時間/約359日、想定使用可能時間/約167日
■外形寸法(幅×高さ×奥行):233×6×125mm
■質量:約159g
■パッケージ寸法(幅×高さ×奥行):283×250×19mm
■パッケージ重量:約148g
■製品構成:本体、USBケーブル(microB-USB Type A オス[充電用/約1m])、取扱説明書、保証書(取扱説明書に記載)

価格が、5,975円(税込み)前後で購入できる。アマゾンでの購入ページはこちら。今までモバイルパソコンThinkPad X240を使ってブログ記事を書いていたが、ブログ記事を週末時に外出先で書くときは、Chromebookとコンパクトキーボード 薄型モデル BSKBB24BKを使っている。

Nexstandパソコンスタンド (首や肩の筋肉残り解消と姿勢改善)

nexstandパソコンスタンド

nexstand merits

Nexstandパソコンスタンドの重さは500グラムぐらいで強化ナイロン樹脂製で丈夫である。8段階調整可能:ノートパソコンの高さは約15cm-32cm調整可能。価格はアマゾンで2460円税込み、送料無料

時間があるシニアは3点セットでお金を稼ぐ

時間が余っているシニアは自分のブログサイトに広告を掲載してお小遣いを稼いでいる。インターネット接続が可能であるカフェでコーヒーを飲みながら自分が設定したテーマのブログ記事を書くことで毎日小銭が落ちてくる。ブログを書くのは時間がかかる。調べながら、考えながら1000文字以上の記事を書く。

パソコンの画面を見ながらキーボードインプットそするのでパソコンスタンドがないと疲れが倍増する。シニアは若者と違って疲れやすい。出来るだけ快適な環境を自分で作って小遣い稼ぎををすべきである。暇な時間をお金に変えるには物書きビジネスがちょうど良い。

結論

ブログで小遣い稼ぎをしている人ならば、首や肩の疲れを困っているはず。パソコンの画面を見る時にカフェのテーブルは低すぎる。どうしても前かがみになって首や肩の負担が増す。姿勢も悪くなる。そんな問題を解決するために私はChromebook+Nexstandパソコンスタンド+超薄型Bluetoothキーボードをセットにして使っている。お勧めである。

 

このページのシニアライター:Norito H.Yoshida

Profile

雇用される生活から自分を雇用する生活をしている。2019年現在で13年間、起業中。時間と場所に制約されないインターネットビジネスで生活費を稼いで自分独自のライフスタイルを作る。米国の州立大学 Western Washington University, B.S. in Sociology, Bellingham, Washington, USA を卒業してソニー株式会社、Yahoo!Japanで自分がやりたい事をやってきた。

最終的には、私が望んでいた起業(自分の手で稼ぐ生活)が実現。51歳の時に起業してこれからも生涯現役でインターネットビジネスの世界で生きて行く予定。今の時代は、65歳を過ぎると自分を雇用して生きて行く道しか残されていない。本来、その道が当たり前なのだが。人間は弱いので他人に頼る生活を求めがちだ。

シニアの生活実態は人様々。私が発信するシニアの生活体験記が参考になれば幸い。

© 2019 Goyat. All Rights Reserved.