「小を積んで大と為す」という二宮尊徳の言葉が身にしみる

小田原城敷地近くにある広東料理のお店「KONOMA」のテーブルに置いてあったリーフレットに二宮尊徳の言葉が記載されていた。「小を積んで大と為す」という二宮尊徳の言葉である。その言葉の説明を読んで今自分がやっていることに希望を見出した。

何事も小さいことをしっかりやらないと大きく成長していかない。最初から大きなことをやろうとしてもうまく行かない。お金を稼ぐビジネスは、博打ではいけない。石橋を叩いて渡るような慎重さが必要だ。詐欺師は口先だけで大きなことを簡単に出来る言う。詐欺師は誰もが求めていることを餌にしてカモにする。現実は、「小を積んで大と為す」という二宮尊徳の言葉通りだ。簡単ではない。地道な努力が必要だ。

小から始めて基礎を作り、大きくなるまで諦めずに継続する。これは何をやるにしても基本の基だと思う。

シニアが新しい事をやり始めるときに・・・

60歳、65歳を越えてから多くのシニアは慌てる。仕事を失い、今後の生活費を年金だけに頼れない。70歳まで仮に働く仕事が見つかってもその後の生活をどうするか。シニアは歳を取るに連れて社会の弱者になっていく。そんな現実を肌で感じるシニアが大勢いる。

シニアには時間がある。

まだ、頭で体で新しいことを学べる年齢ならば、時間を味方にするしかない。興味を持ったことを試しにやってみる。ちょっとずつやりながら脈があれば、時間と労力をもっと投資する。「小を積んで大と為す」という二宮尊徳の言葉を信じて小さく始めて冒険をしない。

歳を取っていくシニアが直面する問題:

  1. フルタイムの肉体労働は体に無理が出る
  2. 65歳以降も継続して雇用してくれる会社は少ない
  3. 70歳以降から体の弱い部分から病気が出てくる(免疫力が加齢で衰えていく)
  4. 年金の額が年々減っていく
  5. 他人に頼らないで自分で生活費を稼ぐビジネスが必要

この問題を解決するには、時間をかけて小さいビジネスを試行錯誤でやり始めることだ。小遣い程度のお金を自分で稼ぐという体験をすることで「お金を稼げる」という自信を身につける。これがシニアにとって頼りになる。

私の所属するNPO団体のメンバーは、大手企業のOBたちだ。組織の中の歯車としては優秀なのだが、一人でお金を稼いた経験がない。そのため、NPO団体に参画してその組織の中で自分を活かしている。稼げる金額は、雀の涙程度であるが社会との接点を維持できるというメリットがある。

私のビジネスも「小を積んで大と為す」という二宮尊徳の言葉に従ってビジネス転換を行っている。10年前のビジネスモデルは、既に競争力がなくなったからだ。

新しいビジネスを構築することで後10年は自分の腕でお金を稼いで行きたい。新しいビジネスは、小さく始めて脈があるかどうかをテストしてから地盤を固めていく。地盤を固めるには、小さい仕事を丁寧に地道にやらないとビジネスの仕組みに穴が空きやすい。 

70歳過ぎて自分のビジネスを展開しているならば、相当優秀なシニアである。シニアはちょっと気を許すと社会の底辺に落ちる。年金以外に毎月10万円以上の収入を得るビジネスを展開していれば後の10年間は安泰だ。働いて余剰資産を作れば良い。体力は落ちるが、頭は使うことで能力が向上する。頭を使う仕事を身につければ、毎月10万円以上の仕事は作れるだろう。

自分の専門分野で尖ることが突破口になる。

 

このページのシニアライター:Norito H.Yoshida

Profile

雇用される生活から自分を雇用する生活をしている。2019年現在で13年間、起業中。時間と場所に制約されないインターネットビジネスで生活費を稼いで自分独自のライフスタイルを作る。米国の州立大学 Western Washington University, B.S. in Sociology, Bellingham, Washington, USA を卒業してソニー株式会社、Yahoo!Japanで自分がやりたい事をやってきた。

最終的には、私が望んでいた起業(自分の手で稼ぐ生活)が実現。51歳の時に起業してこれからも生涯現役でインターネットビジネスの世界で生きて行く予定。今の時代は、65歳を過ぎると自分を雇用して生きて行く道しか残されていない。本来、その道が当たり前なのだが。人間は弱いので他人に頼る生活を求めがちだ。

シニアの生活実態は人様々。私が発信するシニアの生活体験記が参考になれば幸い。

© 2019 Goyat. All Rights Reserved.