民放のテレビ番組を止めてNetflix番組を見る理由は?

日本の民放テレビ番組は、低俗である。年末の番組は毎年特別番組になり見るのが嫌になる。今年の年末は、民放のテレビ番組を外してネットフレックスで海外のテレビドラマや映画を見た。

インターネット通信環境とネットフレックスが見えるテレビであれば、テレビでも、パソコンでも、タブレットでも、スマホでも見る事が出来る。私はネットフリックスで見たい番組がある。その番組のシリーズをすべて見終わったら契約を一時止めることにしている。

取り敢えず年末から1ヶ月間ネットフリックスを見続ける予定。私の興味はSF番組である。ネットフリックスオリジナルのSF番組がすごく面白い。正月の三ヶ日はStar Trek: Discovery Season 3とLost in space Season 2を見終わった。1月の末までにはMy Listに登録したSF番組をすべて見終わる予定でいる。

Netflixの良さ:映画館で見る料金で1ヶ月間好きなドラマ、映画、オリジナル番組を見放題

Netflixは、インターネット回線を使って動画ストリーミングサービスを提供している。独自制作の番組から第三者提供の番組や映画などが沢山ある。私自身は、SF番組や映画が好きなのでStar Trekシリーズを放映しているNetflixを選んだ。他の動画ストリーミングサービス業者ではStar Trekの番組を提供していない。

Star Trekを見たいためにネットフリックスを見る

Star Trek Discoveryシリーズは、最新版である。Star Trekファンであれば、きっと見たくなるはずだ。仕事で米国に出張していた時は必ずテレビで放映されていたStar Trek Voyagerを見ていた。日本ではライセンスの問題で放映されていない。

米国に出張する仕事がなくなったのでしばらくの間Star Trekのテレビ番組から離れてしまった。Netflixのお陰で日本でも最新版のStar Trek Discoveryのテレビ番組を視聴できるようになった。

60歳代以上の年配たちは、多分、最初のStar Trek番組を覚えていると思う。私のようにStar TrekファンになってStar Trekの映画が公開されるたびに真っ先に見に行っているのではないか。

Netflixでは、歴代のStar Trekテレビ番組シリーズを見る事が出来る。

Star Trek 1966年9月8日 - 1969年6月3日 (設定時代)2264年 - 2269年

Star Trek: The Next Generation 1987年9月28日 - 1994年5月23日 (設定時代)2363年 - 2370年

Star Trek: Deep Space Nine 1993年1月2日 - 1999年5月29日 (設定時代)2369年 - 2375年

Star Trek: Voyager 1995年1月16日 - 2001年5月23日 (設定時代)2371年 - 2378年

Star Trek: Enterprise 2001年9月26日 - 2005年5月13日 (設定時代)2151年 - 2161年

Star Trek: Discovery 2017年9月24日 - 1(継続中) (設定時代)2256年 -

(引用先:ウキペディア スタートレック

私が会社員の時に米国で見ていたシリーズは、(1)Star Trek: The Next Generation, (2)Star Trek Vayager, (3) Star Trek Deep Space Nineの3つだけだった。それもつまみ食い程度しか見ていない。今回、Netflixで全てのシリーズを見るには1年以上かかると思う。

どの民放の局でも番組内容が低俗で深みがなくつまらない

私が民放の番組を見る時はこんな時ぐらいしか無い。

  1. ニュース番組
  2. 映画ロードショー
  3. 旅行番組 

これら以外の番組は見るに耐えることができない。Youtube動画の登場で有料の動画配信サービスが急増した。コロナ禍で多くの労働者が自宅に閉じこもる。宣伝や広告がなく、好きなドラマやアニメ、映画などを見れるネットフリックスを代表とする動画配信サービスは手頃な価格で楽しめる。

つまらない番組+広告で無料で見る価値が失われ始めている。お金を払って見たい番組を見るという人達が増えてきた。コロナ禍で映画館に行けない人達がAmazon、Hulu、ネットフリックスなどの映画を楽しんでいる。

若者たちはテレビよりもYoutubeに目が行っている。低俗な番組を無料で配信して広告収益を得るビジネスモデルは徐々に衰退し始めている。民放の局はコストカットに走っている。多額のお金を支払っている大物芸能人やニュースキャスターを降板させている。テレビ業界はこれからリストラが始まる。いま銀行業界がリストラの嵐の中にいるように。

結論

  • 民放テレビ番組はつまらない
  • Netflixで見たい米国SFテレビ番組Star Trekを見たい
  • 映画館で映画を見る料金で1ヶ月間好きが動画(ドラマ、映画、アニメ、SF番組など)を見放題

 

Search

私のブログサイトはリンクフリーです

  • このブログサイトは、私の許可なくリンクを張って頂いても問題はありません

このページのシニアライター:Norito H.Yoshida

Profile

雇用される生活から自分を雇用する生活をしている。2019年現在で13年間、起業中。時間と場所に制約されないインターネットビジネスで生活費を稼いで自分独自のライフスタイルを作る。米国の州立大学 Western Washington University, B.S. in Sociology, Bellingham, Washington, USA を卒業してソニー株式会社、Yahoo!Japanで自分がやりたい事をやってきた。

最終的には、私が望んでいた起業(自分の手で稼ぐ生活)が実現。51歳の時に起業してこれからも生涯現役でインターネットビジネスの世界で生きて行く予定。今の時代は、65歳を過ぎると自分を雇用して生きて行く道しか残されていない。本来、その道が当たり前なのだが。人間は弱いので他人に頼る生活を求めがちだ。

シニアの生活実態は人様々。私が発信するシニアの生活体験記が参考になれば幸い。

© 2019 Goyat. All Rights Reserved.