ipad tablet R

高齢者がタブレットを使っている場面よりもスマホを使っているシーンを多く見かける。電車の中を観察するとタブレットよりもスマホを老人が使っている。画面の大きさから言ってシニアはタブレットを好むと思い込んでいた。現実は、スマホであった。

そこには、理由がある!

piza

若者とシニアの違いは、人生経験と知識、そして、生き方だ。

若者に分かってシニアに分からない事があるようにシニアに分かって若者に分からない物がある。それぞれの強みで人生を生きて行くしかない。または、相互に助け合いながら生きて行く。

お金を稼げるシニアは自分の経験と知識を商品・サービス化している

Tags: ,

me

世間では、マイナンバーが開始される前に銀行からお金を出してタンス預金をする人が増えているという。貧乏人はそんなことをする必要が無いが、資産家はマイナンバーで紐付くお金を出来るだけ少なくしたいと思っているはずだ。お金を引き出す時にマイナンバー設定をしていないと引き出せないという時期がこれから来るのでは無いだろうか。

マイナンバーを気にしないで引き出せるお金は今年末までか?

what I need

仕事を探している高齢者は、自分を売り込む宣伝をしていない。彼らがやっているのは、待っているだけだ。自分がやりたい仕事、やりがいのある仕事は自分の能力を発揮できる仕事である。自分が出来る仕事を世間に知らしめないと誰も分からない。

ホームページで自分が出来る能力と仕事を宣伝する!

65歳になると年金がもらえる。国民年金であると約6万5000円ぐらい。それに厚生年金がプラスされれば、合計で平均20万円前後だと言われる。元会社員ならば、月額20万円ぐらいの年金で老後を生活することになる。この金額は悪までも世間一般的に言われている金額であるので個人差はある。

国民年金だけの高齢者は、年金受給と同時に生活困窮者となる。仕事をしていなければ、とても月額6万5000円で生活が出来ない。生活保護の申請をすることになる。それが出来ない場合は、アルバイトやパートの仕事を探して働き続けるという選択しか無い。

あと、10万円以上収入があれば、老後の生活もあまり負担が無いのでは・・・

月10万円以上を稼ぐ高齢者になるには努力が必要だ!

dream

駅の階段をゆっくり降りていく老人を見ている。足の筋肉が弱いためか、膝に障害があるためか、普通の人のような階段の下り方ができないでいる。私は61歳だが、まだ、老齢から来る膝の障害は発生していない。足の筋肉も大丈夫なのでこの老人のような下り方はしない。

だが、

80歳になったときに普通の人のように駅の階段を降りていけるだろうか。 

老人になってみないと理解できない老化現象

find a way

私の経験から新規ビジネスは頭で考えて出てくる物ではないと思っている。新規ビジネスの種は、いつも、自分の足下から芽生えてくる。既にビジネスを始めているならば、そのビジネスの脇道に転がっている場合が多い。 

時代の移り変わりで今までのビジネスが上手く回らなくなるのは世の常!絶えず、新規ビジネスの開拓を行わないとビジネスは継続できない。

60歳過ぎの高齢者は自分でビジネスを始めざるを得ない時代に直面している!

IMG 20160212 101448 070

マイナンバー通知カードが届いて直ぐにスマホ経由でマイナンバーカード登録を行った。本日、区役所でマイナンバーカード受取手続きを終えて実際にICカードを入手した。

区役所でマイナンバーカードを受け取るには、必ず、事前予約をする必要がある。

マイナンバーカード受取手続き

Tags:

70歳代の元会社員は、厚生年金と国民年金で普通の生活が成り立っている人が多い。こんな状況になると仕事をしないといけないというプレッシャーが生活にない

そんな生活環境にいる70歳代の元会社員たちは、どこかに生きがいを見いだそうとしている。そんな70歳代の高齢者と交流を深めているのだが、何を本当にやりたいのかが見えてこない! 

自分の経験や技能が活かせる場所を捜しているのだが・・・

Tags:

new biz

単純なサービスビジネスを何度も繰り返してやっていれば、シニアでもお金を稼げるのではと考えている。応用はできないかもしれないが、体験を通して特定のサービスは出来るのではないか。

シニアでも特定専門サービスが提供できるようにすれば、そにシニアがお金を稼げる「場」が生まれる。

シニアがまず経験してそのメリットを体験していないと始まらない!

Tags:
© 2016 Goyat. All Rights Reserved.