日曜日の朝、1杯のドリップコーヒーで心に栄養を与える

週末はいつもドリップコーヒーを夫婦で飲んでいる。平日はインスタントコーヒーだ。ドリップコーヒーとインスタントコーヒーの味の違いは、確かにある。私は、コーヒーマニアではないがコーヒーを飲む事が多い。仕事場としてスターバックスを使っているのでコーヒーは仕事の友になっている。

週末は、家内よりも早く起きてドリップコーヒーを作り、静かな自宅の中でコーヒーの匂いを嗅ぎながら心に静寂という栄養を与えている。何も考えることなく、コーヒーの香りだけを楽しむ時間は一瞬だが邪念を頭から追い払ってくれる。

日曜日の朝、1杯のドリップコーヒーは精神的な栄養を与えてくれる。私と同じようなことをしているシニアがいると思う。平日の心の疲れを癒やすために。

コーヒーの豆を買うシニアが多い! 

先日、京王線仙川駅近くにある猿田彦珈琲店に行ってきた。猿田彦珈琲は、缶コーヒーのジョージアブラックの監修をしているほど有名だ。息子夫婦からFather`s Dayのプレゼントで頂いたコーヒーが猿田彦珈琲であった。その味が良かったので機会があれば、猿田彦珈琲でコーヒーを買おうと思っていた。

猿田彦珈琲のアトリエ仙川店は、店内でコーヒーを飲める席があるので豆を粉にしてもらいながら今日のコーヒーを味わった。味わいながら店内を見渡し客層を見ていた。1杯のドリップコーヒーが370円であるためか珈琲通のお客が多い感じだ。

スターバックスと違ってコーヒー専門店であるので高校生、若い子供連れの奥さんたちは見かけなかった。中高年のお客が多い。これは、曜日と時間帯で違いがあると思う。私の感覚では、平日午前は100%の確率で高齢者が店のお客であると思う。

コーヒー豆を買っていくシニア、私のように粉にしてもらっていく人の出入りが多い。シニアの人たちは、美味しいコーヒーを求めて少しぐらい高くても自分の味を提供してくれるコーヒーを買って行く。ちょっとした贅沢な時間をCOFFEEとともに自宅で楽しみたいのだろう。

私が住む横浜には、猿田彦珈琲のような有名店がない。安心して良質のコーヒー豆を買えるお店が良い。大衆化した量産販売をしているコーヒー豆(スターバックスなど)は、品質や味の面で疑問が残る。

私も家内も苦味がなく、酸味も強くなく自然に飲めるCOFFEEが大好きだ。 

スターバックスのコーヒーは、個人差があるが美味しいとは思えないと最近感じ始めた。良いコーヒーに出会うと味の比較ができるようになる。スターバックスは、コーヒーを味わうというよりも仕事場と雰囲気をお金で買っている感じだ。知人の言葉で言えば、「コストパフォーマンスが良い珈琲店だ!」。

本当にコーヒーを味わいたい人は、コーヒー専門店に行くべきだろう。コーヒー以外の目的がある人は、都合にあったカフェを利用すると良い。

 

このページのシニアライター:Norito H.Yoshida

Profile

雇用される生活から自分を雇用する生活をしている。2018年12月現在で12年間、起業。時間と場所に制約されないインターネットビジネスで生活費を稼いで自分独自のライフスタイルを作る。米国の州立大学 Western Washington University, B.S. in Sociology, Bellingham, Washington, USA を卒業してソニー株式会社、Yahoo!ジャパンで自分がやりたい事をやってきた。

最終的には、私が望んでいた起業(自分の手で稼ぐ生活)が実現。51歳の時に起業してこれからも生涯現役でインターネットビジネスの世界で生きて行く予定。今の時代は、65歳を過ぎると自分を雇用して生きて行く道しか残されていない。本来、その道が当たり前なのだが。人間は弱いので他人に頼る生活を求めがちだ。

シニアの生活実態は人様々。私が発信するシニアの生活体験記が参考になれば幸い。

© 2019 Goyat. All Rights Reserved.