雨の日、滑って転ぶシニア:3つの対策

高齢者が一番気をつけていることは滑って転ばないことである。シニアが転ぶと必ず怪我をする。ひどい場合、骨折して入院する。入院している期間が長いと足腰の筋肉が急激に衰えて自分の足で歩けなくなる。

シニアは食料品の買い出して雨の日もスーパーマーケットに出かけなければならない。歩く距離が長いと道路が滑りやすくなり転ぶ危険性が高くなる。特に道路上にあるマンホールの蓋、横断歩道の白線の上、階段を降りるときなどが滑りやすい。

先日、妻が雨の日に階段で滑り、お尻をついて怪我をした。1週間ぐらいお尻を湿布をしていた。身軽な妻でも突然の出来事に対応できなかった。降りる時、階段が雨で濡れていてパンプスの靴が滑ってしまった。

梅雨の時期、滑って怪我をしない3つの対策

66歳の私は過去に滑って転んだことが数回ある。必ず、雨の日であった。1回目は道路にあるもんホールの上を歩いた時。2回目は道路に書かれている白線上で。3回目は駅の階段を降りる時。筋トレで足腰と腹筋を鍛えていたので体のバランスを崩して尻をついてしまった。

足腰と体幹の筋肉が落ちているシニアは雨に足を取られると体のバランスを崩しやすい。晴れた日でもよろよろ歩いている老人ならば、雨の日は非常に危険である。

雨の日は外出しない

一番安全な方法は、雨が降っている日に外出しないことである。食料品買い出しはしないで備蓄食品で賄う。または、スーパーマーケットの配達サービスを使って食料品を調達する。

滑りにくい「雨の日専用の靴」を買う

どうしても雨の日に外出をせざるを得ない場合は滑りにくい「雨の日専用の靴」を履いて出かける。世の中には便利な靴がある。ワークマンで売られている「マンダムプログリップシューズ(税込み 1500円男女兼用)」である。この靴の特徴は、(1)耐油底、(2)耐滑底、(3)静電、(4)完全防水である。

ワークマンのお店で買える。私はこの靴に出会って滑ることがなくなった。雨の日でも晴れの日でも普通に履いている。完全防水仕様であるので道路の水たまりに入っても気にならない。1,500円という手軽な値段なので気に入っている。

足腰と体幹を日頃から鍛える

雨の日に足を滑らす時、転ばないように踏ん張る。この時、足腰と体幹の筋肉が衰えていると崩れた体のバランスを元に戻せなくなり転倒する。前方、後方のどちらに倒れても身体はバランスを取ろうと筋肉を使う。その筋肉に力がないとバランスを維持するための力が出なくなる。

日頃からスクワット運動で足腰の筋肉を鍛えておかないといざという時に力が出ない。

滑りにくい「雨の日専用の靴」はシニアにとって必須!

運動靴やスニーカーで雨の日も出かけるシニアはぜひとも滑りにくい「雨の日専用の靴」マンダムプログリップシューズを一足用意しておくと良い。税込み1,500円で滑って怪我をしない対策ができる。

私は雨の日用だけでなく、アウトドア用(散歩用)にもう一足購入することにした。履き心地がすこぶる良いからである。

結論

雨が続く時期は道路が滑りやすくなる。食料品を買いに出る時にマンホールの蓋の上を歩いて滑る。体のバランスが取れずお尻から落下。または、顔から倒れる。どちらでもシニアは怪我をする。足を滑らして体のバランスを失い、転倒する。賢いシニアは雨の日対策を取る。

食料品の買い出しは雨の日でも行かねばならない。必要なのは滑りにくい「雨の日専用の靴」。そんな靴がワークマンで売られていた。マンダムプログリップシューズ(税込み 1500円男女兼用)。先日、夫婦でマンダムプログリップシューズをそれぞれ購入。今日は雨の日なのでこの靴を履いて仕事に出かける。

一言で感想を言えば、「快適な雨の日専用靴」。実に履きやすい上に完全防水。コストパフォマンスが非常に良い。オンラインショップでは販売終了。店頭にある在庫を探して購入。梅雨のシーズンが到来するので製品が入荷するだろう。

 

Search

私のブログサイトはリンクフリーです

  • このブログサイトは、私の許可なくリンクを張って頂いても問題はありません

このページのシニアライター:Norito H.Yoshida

Profile

雇用される生活から自分を雇用する生活をしている。2019年現在で13年間、起業中。時間と場所に制約されないインターネットビジネスで生活費を稼いで自分独自のライフスタイルを作る。米国の州立大学 Western Washington University, B.S. in Sociology, Bellingham, Washington, USA を卒業してソニー株式会社、Yahoo!Japanで自分がやりたい事をやってきた。

最終的には、私が望んでいた起業(自分の手で稼ぐ生活)が実現。51歳の時に起業してこれからも生涯現役でインターネットビジネスの世界で生きて行く予定。今の時代は、65歳を過ぎると自分を雇用して生きて行く道しか残されていない。本来、その道が当たり前なのだが。人間は弱いので他人に頼る生活を求めがちだ。

シニアの生活実態は人様々。私が発信するシニアの生活体験記が参考になれば幸い。

© 2019 Goyat. All Rights Reserved.