横浜駅近くでカレーライスを食べるならばどのお店が良いか?

カレーハウス・リオは、横浜駅の近くにあるカレー専門店である。Joinus(ジョイナス)の地下2階にある。価格は600円から850円程度。本当に美味しいカレーを食べたくなったら、ここしかない。横浜駅周辺には、カレー専門店が数店あるが駅から遠い。普通のレストランでもカレーは食べられるが味は疑問だ。どうせカレーを食べるならば、味が確かなカレー専門店が一番良い。

おなかの調子が悪くなったら、カレーを食べると良い。それも、美味しいカレーを!

カレーハウス・リオの体験談

稲村ケ崎の池田丸地魚料理店の地魚料理の味はどうか?

秋晴れの週末を夫婦で江の島に近い稲村ケ崎までランチドライブをした。稲村ケ崎には、地魚料理で有名な池田丸の直営店がある。海外からの観光客もやって来る。漁師が開いている地魚店であるので新鮮な魚を食べられる。値段も手ごろだ。お店からは、稲村ケ崎の海が見える。道路を挟んで50~60メートル先がもう海だ。食後に浜辺を散策する人も多い。

新鮮な魚料理を食べるならば、漁師がやっているお店に限るという事で池田丸まで車を横浜から飛ばした。家内は刺身定食(1800円)、私はエボダイの焼き魚定食(1300円)にした。焼き魚定食は、20分ぐらい魚が焼き上がるまで待たされる。エボダイの焼き魚定食の写真を下記に掲載したので見てほしい。

海を眺めながら食べる地魚料理はおいしい!

安売りキャンペーンの口実としてのBlack FridayやCyber Mondayが日本でも花盛り!

AEON(イオン)が日本の習慣でない米国の安売りイベントを導入している。Black FridayとCyber Mondayだ。Thanksgiving(感謝祭)の習慣もないのに日本では、勝手に米国のイベントをセールスに利用している。消費者に売り込む安売りイベントのネタが国内で無くなると米国のイベントを日本に持ち込む。典型的な事例は、ハロウィンだ!

買いたい商品が安くなるからシニアにとって喜ぶべきイベントである。

東京丸の内仲通りにあるアーバン・テラスを散歩してみてはどうか?

東京に仕事で出かけた帰りに丸の内界隈を歩いて見た。丸の内の歩行者天国みたいなオープンスペースが道路上に出来ていた。オープンスペースの始まりの場所にこんな看板があった。

urban1

アーバン・テラス(Urban Terrace)と言う名前で「くつろぎ」の場所を特定時間帯に提供している。既に道路上に置かれているテーブルや椅子は、ヨーロッパからの観光客に使われていた。彼らにとって身近な印象を与えていたのだろう。

東京丸の内でゆっくりした空間を味わうならばアーバン・テラスだ!

ブログで広告収益を稼ぎ出している30歳代若奥様のやり方

小さい子供を育てる若奥様たちは、自宅で何かお金を稼げる仕事が無いかをいつも探している。私がインターネットで遭遇した30歳代の若奥様は、ブログの広告収入で自分の会社を設立してしまうほど成功している。月収が100万円から180万円ぐらいある。

当然、ご主人の給与を遥かに超えている。

そんな彼女の広告収益ビジネスの生き様を語ったブログを時々読んでいる。

シニアが働けなくなった時、自宅でお金を稼ぐ方法としてブログに貼り付けた広告で生活費を稼げる。簡單ではないが、諦めないで地道に学んでいけば稼げる。彼女のブログを読めばその驚きの展開が読み取れる。誰もがそうなるという保証はないので悪しからず!

新しい広告収益の稼ぎ方