なぜ、老人は異常な行動をするのか?

今朝、近くのカフェに出かけるために駅に向かて歩いていた。いつもの歩道を歩いていたのだが、目の前の老人男性が突然道路を渡り始めた。道路の渡り方が、驚くべき渡り方だった

道路を渡る時に横断歩道で右左を見て渡るのが常識であるのだが・・・

1.横断歩道を渡らない。10m先に横断歩道があるのに。

2.前方だけを見て道路を渡り始める。

3.道路を斜め方向に渡る。渡る時に長い距離を歩くことになり、自動車に引かれる可能性が高い。

いつも、こんな老人を何人も見かける。何故なんだろうか。

異常な行動をする老人が多いのはなぜ?

横断歩道で信号無視で渡る。左右をよく確認しないで道路を渡る。道路の端を歩かないで車道にはみ出て歩く。何故なんだろうか!自動車のドライバーが急ブレーキをかける場面がただある。ヒヤヒヤものである。

老人たちが外出して街中を歩き回るのは健康に良いのだが、交通ルールを無視した行動に驚くばかりだ。機敏な動きができる若者ならば、自動車が接近した時にその場を走り去ることが出来る。足腰が弱っている老人は、到底無理である。交通事故にあう可能性大だ。

75歳以上の高齢者は、体が弱まるだけでなく判断力も知らないうちに落ちているのだろうか。こんなことをしたら、危ないという危機感が欠如している。そんな老人が多い。

老人になるということは、判断力と機敏性の面で機能が急激に衰えるということなのだろう。個人差はあると思うが、大部分の老人はこの部類に入るのだろう。長寿は良いのだが、危機管理が自分で出来なくなる状態は危ない。私も75歳を過ぎた頃にこんな老人になってしまうのだろうか。

脳も筋肉も鍛えれば鍛えるほど若返ると言われている。判断力が鈍った老人たちは、脳も筋肉も意識して鍛えていなかったのだろうか。私が見かける老人たちは、風が吹けば飛ばされそうな体格の老人が多い。体を使って活動的な生活をしている老人と比較すると見ていて少し鈍いような感じがする。というか、ちょっとおかしい感じを受ける。

自分の体のメンテをしっかりしていない老人は、体からの刺激が薄れて脳まで病に冒されてしまうのだろうか。

体の機能低下は、歳を取れば取るほど自覚できる。それを自覚した時点で危なさを感じ取らねばならない。若い頃とは違う。以前よりも意識して自分を守る行動を取る必要がある。

 

このページのシニアライター:Norito H.Yoshida

Profile

雇用される生活から自分を雇用する生活をしている。2018年12月現在で12年間、起業。時間と場所に制約されないインターネットビジネスで生活費を稼いで自分独自のライフスタイルを作る。米国の州立大学 Western Washington University, B.S. in Sociology, Bellingham, Washington, USA を卒業してソニー株式会社、Yahoo!ジャパンで自分がやりたい事をやってきた。

最終的には、私が望んでいた起業(自分の手で稼ぐ生活)が実現。51歳の時に起業してこれからも生涯現役でインターネットビジネスの世界で生きて行く予定。今の時代は、65歳を過ぎると自分を雇用して生きて行く道しか残されていない。本来、その道が当たり前なのだが。人間は弱いので他人に頼る生活を求めがちだ。

シニアの生活実態は人様々。私が発信するシニアの生活体験記が参考になれば幸い。

© 2016 Goyat. All Rights Reserved.