60歳代のシニア:筋トレ後の体の様子と回復策

週2回自宅近くのスポーツセンターにあるジムに通っている。毎土曜日と火曜日に約2時間半ぐらい筋トレをやっている。週2回にしている理由は、筋トレで疲れた体を回復させるために2日から3日ぐらい間をおいて体を休ませる必要があるからだ。筋トレ後の当日夜から翌日にかけて体の自然治癒力が活発に働き始める。

筋肉の細胞が壊れて傷ついた部分を新しい筋肉細胞に生み変えて行く。そのプロセスが2日から3日時間を要する。60歳代のシニアの体は、20歳代、30歳代の若者の体と違って回復力が弱い。回復する途中で問題が起きる。

筋トレ後の体をマッサージすると良いが自分で出来ないのが・・・

筋トレ後の夜、体全体の筋肉から熱を感じ始める。就寝時のベッドの中では、体から水分が蒸発しているような感覚を覚える。朝、体重計で体重を計ると水分が体から蒸発した量だけ減っている感じがする。傷んだ筋肉細胞を修復するために大量の水分が使われる。体から熱が発生するのでそれを冷やすためだ。

筋トレをしていない日は、夜1回小便でトイレに行く。筋トレをした夜は、夜1回も行かない。寝る前にコップ一杯の水を飲んでもだ。筋トレをしていない夜コップ1敗水を飲めば、必ず夜小便でトイレに行く。

個人差はあるが、体にある水分が大量に消費されているのは確かだ。

筋トレ翌日の夜あたりから筋肉痛が体全体に発生し始める。この時に体の免疫力が弱体化する。注意しないと風邪を引くことになる。1回くしゃみをしたら直ぐに風邪薬を飲むことにしている。このお陰で風邪になることをいつも防いでいる。以前は、良く風邪を引いていた。免疫力の低下は、筋肉痛が出始めた時に始まっているようだ。

筋トレ後二日目には、筋肉痛も消え始める。免疫力も回復する。筋トレ後の夜から二日目まで水分、ビタミン、タンパク質の多い食べ物を多く摂取することに努めている。体力を回復させるために重要だからだ。

私は週2回筋トレをしているが、意識して月1回は筋トレを休む。累積した疲れを癒すためだ。時々、累積した疲れが筋肉のコリとなって襲ってくる。そんな時は、直ぐに指圧マッサージを受けに行く。今は、2か月に1回程度だがこれからは1か月に1回ぐらい体のマッサージを専門家にやってもらう必要があるだろう。

本来は、筋トレご自分で体をマッサージできればと思っているのだが、自分の手が届く場所が限られている。運動後のストレッチ体操だけでは不十分だからだ。若い者たちと違って体を休めておけば自然と回復する自然治癒力がない。その分、指圧マッサージ師にお願いしなければならない。

シニアの体は、無理が出来ない。どこまで筋トレをやったら、自分の体に無理が来るかを自覚する必要がある。

 

このページのシニアライター:Norito H.Yoshida

Profile

雇用される生活から自分を雇用する生活をしている。2018年12月現在で12年間、起業。時間と場所に制約されないインターネットビジネスで生活費を稼いで自分独自のライフスタイルを作る。米国の州立大学 Western Washington University, B.S. in Sociology, Bellingham, Washington, USA を卒業してソニー株式会社、Yahoo!ジャパンで自分がやりたい事をやってきた。

最終的には、私が望んでいた起業(自分の手で稼ぐ生活)が実現。51歳の時に起業してこれからも生涯現役でインターネットビジネスの世界で生きて行く予定。今の時代は、65歳を過ぎると自分を雇用して生きて行く道しか残されていない。本来、その道が当たり前なのだが。人間は弱いので他人に頼る生活を求めがちだ。

シニアの生活実態は人様々。私が発信するシニアの生活体験記が参考になれば幸い。

© 2019 Goyat. All Rights Reserved.