ブログを書くツール:ZenPad 3 8.0タブレットとChromebook Ideapad Duo

zenpad open

外出先で気楽にブログを書くために購入したSIMフリーのタブレット。3万円したが、古くなったFreetel製雅スマホよりも高性能である。ZenPad 3 8インチタブレットがこれからスマホ代わりになる。スマホは元々SMS付きデータ通信機器として使っていたのでこのタブレットも同じ用途になる。電話通話は、スマホをいつも持っているので電話機能はいらない。

さて、外出先でブログを気楽に使えるのだろうか。試してみた!

Chromebookとタブレットで比較して見る

タブレットでブログを書く時に必須なのは、キーボードとマウスである。Type-Cのインターフェイスであるため、私の場合、無線式キーボードの受信機をType-Cアダプターに挿して使っている。

zenpad with keyboad

まず、結論から分かったこと。ブログを本格的に書くならば、Chromebookのパソコンが一番良いことがわかった。モバイルルーターは必須になる。キーボードのサイズ、パソコンの画面サイズが長時間ブログを書く上で都合が良い。マウスは必須ではなくなる。タッチパッドで代用ができるからだ。

タブレット型ChromebookがLenovoから販売された。Chromebook Ideapad Duoという。これを使うと普通のChromebookとタブレットの2通り使いになる。カバースタンドとキーボードが付随している。Wi-Fi環境があれば、どこでも使える。

Lenovo Ideapad Duo

ChromebookのOSはタブレットのAndroid OSと違ってChromeブラウザー環境で起動する。そのため、ウエブ環境で作業するときにWindowsパソコンと同等に使いやすい。タブレットはパソコンと同じように使う上で多少問題がある。ブログを書くという作業ではかな漢字変換のときに不具合が生まれやすい。使えないことはないが快適でない。

SIMフリーZenPad 3 8.0タブレットの良い点

このタブレットを出先のカフェで使ってみた。ブログを書いてみたのでのだが、書いているうちに不具合が出てきて快適ではなくなった。快適なのは、(1)SIMフリーであるのでWi-Fi環境に縛られない事、(2)300グラムで軽い事、(3)すぐに使い始められることぐらいだ。

ZenPad 3 8.0を使ってブログを書き始めたら、キーボードとマウスを用意しないと始まらない。キーボードで日本語を書き始めると最初にタブレットの画面キーボードが表示される。それがブログ作成画面の大部分を塞いでしまう。横にして使うときが最も酷い。どうしてもタブレットを縦にして使う必要がある。

画面に表示されるキーボードは、キーボードで文字入力を入れ始めると消える。その段階になるまで仮想キーボードがうざい。画面サイズが8インチと言うのは、ブログ編集画面を使う上でちょっと小さい感じがする。使えないことはないが、快適な画面サイズとはいえない。最低でも10インチサイズのタブレットが良い。

ただ、このタブレットを使ってブログが書けないということはない。長時間快適にブログページを作成するには、疲れるということだ。タブレットであるのでブログ以外の用途で使う頻度は多い。電車の中ですぐに情報をキャッチできるし、画面が8インチであるので見やすい。スマホは、5インチで画面が小さい。

リュックの中に投げ入れておけばいつでも取り出せる。画面を傷つけないようにカバーを取り付けた。パソコンと違ってカバーがあれば耐久性が伸びる。気楽に使えるという点では都合が良い。

ブログを書くためだけに使うツールとしてみた場合、私の満足度は90%ぐらいだ。パソコンを持ち歩く重さが嫌になったら、タブレット、超薄型キーボード、マウスを持っていく。長時間のブログページ作成でなければ十分使える。

私にとってZenPad 3 8.0タブレットは(1)古くなったスマホの代用品、(2)気楽に使えるブログページ作成ツールという位置付けである。

Chromebook Ideapad Duoの良い点

Chromebook Ideapad Duoはタブレット用途で使うよりもパソコンの代わりとして使ったほうが利便性が高い。こんな点でタブレットよりも便利である。

  1. スタンドとキーボードが付随している
  2. 実稼働時間が15時間と長い
  3. Chromeブラウザー環境なのでウエブ関連の作業で支障がない
  4. 混んでいるカフェでWi-Fi接続が途切れない(Lenovo製品はWi-Fi接続を維持できる)
  5. タブレットとして使える(重さ400g)
  6. 作業環境のバックアップがクラウドにあるのでChromebookが壊れても新しいChromebookで元の環境を回復できる

一つだけ不便になることはSIM対応になっていないことだが、スマホのテザリング機能を使えばWi-Fi環境に囚われない。  

結論

  • ブログを長時間書くならばタブレットは不向きである。Chromebookパソコンが良い
  • SIMフリータブレットの良さは、直ぐにネットにアクセスできる点
  • Lenovo Ideapad Duoはタブレットとパソコンの機能を共存させているので利便性が高い

 

Search

私のブログサイトはリンクフリーです

  • このブログサイトは、私の許可なくリンクを張って頂いても問題はありません

このページのシニアライター:Norito H.Yoshida

Profile

雇用される生活から自分を雇用する生活をしている。2019年現在で13年間、起業中。時間と場所に制約されないインターネットビジネスで生活費を稼いで自分独自のライフスタイルを作る。米国の州立大学 Western Washington University, B.S. in Sociology, Bellingham, Washington, USA を卒業してソニー株式会社、Yahoo!Japanで自分がやりたい事をやってきた。

最終的には、私が望んでいた起業(自分の手で稼ぐ生活)が実現。51歳の時に起業してこれからも生涯現役でインターネットビジネスの世界で生きて行く予定。今の時代は、65歳を過ぎると自分を雇用して生きて行く道しか残されていない。本来、その道が当たり前なのだが。人間は弱いので他人に頼る生活を求めがちだ。

シニアの生活実態は人様々。私が発信するシニアの生活体験記が参考になれば幸い。

© 2019 Goyat. All Rights Reserved.