人工知能とロボットが製造と生産をになう時代がやって来る。ブルーカラーからホワイトカラーの仕事まで人工知能とロボットが代行する時代がやって来るのは誰もが予測できる事実だ。それが、いつやって来るかは誰も分からない!

でも、その時代に向かって時は進んでいる。

人間でしかできない、わからない仕事を考える

自分に専門的なスキルがないシニアならば、誰もが見ても無難で普通の仕事を探すのが良い。自分の生活のリズムを作れる仕事を優先して探すべきだ。その仕事に日本郵便株式会社の郵便物区分け作業の仕事がある。

日本郵便株式会社から郵便葉書が届いた。契約社員大募集と書かれていて募集している社員の仕事は、(1)二輪(郵便物の配達)、(2)四輪(ゆうパック配達・集荷)、(3)郵便物区分けだ。契約社員と行ってもアルバイトやパートも含んでいる。年金受給者で生活費の足しにしたい仕事を探しているならば、この仕事が良いのではないだろうか。

お勧めは1日3~4時間の(3)郵便物区分け! 

世の中にうまい話はない。うまい話は他人からやってこない。美味しい仕事は自分で作る。それ以外においしい仕事は見つからない。そう、思って老後の設計を立てるべきだ。電車のドアにローソン店舗オーナー募集の公告ステッカーが貼られていた。広告内容のキャッチは、FC加盟金100万円を免除だ。

興味を持った人はじっくりとその仕組みを調査する必要がある。意外な仕組みが見えてくる。

フランチャイズビジネスは企業の奴隷になる入り口だ!

午後の3時頃だと思う。ジョイナス地下街を歩いている老夫婦(多分、80歳代)を2,3組見かけた。皆、手をつないで微笑みながら歩いていた。第三者の目から見ても本当に喜ばしい風景である。大半の老夫婦は、手をつないで歩いていない。今回見かけて老夫婦たちは、仲の良い、愛し合っている、お互いを思い合っている老夫婦なんだろう。

歳を取れば取るほどスキンシップが求められる!

6月1日の午前は、なぜか、QBハウス横浜店がシニアの男性で列をなしていた。今までそんな光景を見たことがなかった。髪の毛が薄くなってきているが1か月から2か月の間に散髪に行く習慣がある。いつも、1080円のQBハウスを利用している。

客層を見ているとシニアが多い。時々、シニアの女性も来ている。散髪は、シニアにとって身嗜みを整える。身だしなみが良いシニアはどんな場面においても好印象を周りの人に与えるメリットがある。それが仕事探しにもプラスになる。

高齢者が仕事を探す時、もう一度会社員の身なりになる練習が必要だ! 

お金を追い求める内に自分の時間を失って行く。自分が自由に使える時間がお金稼ぎで消費される。こんな人は、時間よりもお金に価値があると考えて生活をしている人たちだ。お金を稼ぐのに忙しい人は忙しすぎて幸せを感じる機会を見失う。 

定年退職後、自分に自由になる時間がたくさん生まれる。今までの貯蓄と退職金でしばらくはお金で頭を悩ますことはない。今度は、たくさん与えられた暇な時間をどう使うかで悩みだす。老後の幸せをどこに見い出せば良いか誰もが迷い出す。

年金だけで生活が成り立っている老人からこんな話を聞いた。

「仕事があるならば、できるだけ長くその仕事を続けたほうが幸せだ!暇な時間をどう使うかで悩む必要がなくなる!」

お金があっても時間がないと使う暇がない! 時間があってもお金がないと使えない!

老人だから稼げないと思っている人が多い。時代時代にあったお金の稼ぎ方があるはずだ。私の時代は、インターネットでお金を稼げる時代だ。インターネットは宝の山アイデアと仕組み、そして、追求心があれば年齢、場所、性別を問わず自由にビジネスが出来る。インターネットでは誰がどれぐらい稼いでいるということが分かり難い。

賢いシニアは、それを上手く利用して稼いでいる。

老人は空いた時間と専門性でお金を稼ぐ

Tags:

誰もが長生きをしたいと願っている。誰にでも寿命がある。人間の寿命は、遺伝子でプログラムされているという。古くなった細胞は分裂して新しい細胞に再生される。その細胞の再生する回数が遺伝子でプログラムされて決まっている。遺伝子のプログラムは、各人の遺伝子で違う。寿命が違うのは遺伝子のプログラムが違うからだ。

細胞分裂が出来なくなった時点で寿命が尽きる。

本当に長生きをしたいのかどうか?

60歳代、65歳代、70歳代以上での起業はそれぞれ違った意味を持つかもしれない。年金受給前のシニア起業と受給後のシニア起業では、経済的な安定の面で余裕がある、ないが出てくる。70歳代以降になると自分の健康との相談になる

シニア起業で年金支給70歳時代を生き抜く」という東洋経済オンラインサイトにある記事だ。起業の動機は様々だ。

社会と繋がりたい人でリスクが取れるかどうかだ! 

mlfil

連休最初の日に学芸大学駅周辺を散策した。横浜から東急東横線で15分ぐらいで行ける。駅から15分ぐらい歩くと駒沢公園通りに面しているQuatreケトル柿の木坂本店が見えてくる。いつも、自動車でケトルを横切るだけでお店に入る機会がなかった。駐車場がないために自動車では行けないからだ。

今回は、Quatreケトル柿の木坂本店で美味しいケーキとコーヒーを飲みに夫婦でやってきた。Quatreケトル柿の木坂本店は贅沢な空間で美味しいケーキとコーヒーを頂けると聞いていたからだ。

ケーキ店であるがCafeでもあるQuatreケトル柿の木坂本店

naporitan R

神田駅界隈は、ランチの競争が非常に激しい。小さいお店が沢山密集しているからだ。中華あり、和食あり、洋食あり、何でもありだ。夜は居酒屋であるが、ランチ時間帯は昔ながらのナポリタン大盛り490円をお客さんに提供している「泉」というお店がある。普通のナポリタンの価格は、390円だが昔ながらのナポリタンを求めてくる人は大盛りを注文する。それでも、490円だ。

親子経営のお店だ。息子が料理。父親が接客。

ランチは大盛りのナポリタンで有名なお店

女性に笑顔があると美人になる。

いつも横浜のスターバックスで仕事をしているとスターバックスの固定客の顔を覚える。もう、6年以上このスターバックス店に通っている。お客さんの中にハーフのような顔立ちの日本女性がいる。近くの会社に務めている20代後半の独身女性だ。いつも、同年代らしき女性とやって来る。私はコーヒーを片手に彼女の顔をちら、ちらと眺めている。まだ、会話をした事はない。気になる女性だ。

美人がやって来るスターバックス!

シニアが起業を考えるとき、出たこと勝負でビジネスプランを考える傾向が強い。その結末は、失敗だ。ビジネスの種は複数あると失敗しても再挑戦が出来る。多くのシニア起業家は、一つのビジネスだけで考える。それが成功するチャンスを下げる。

シニアが起業する時は、必ず、複数のビジネス・アイデアを用意する事である。用意した複数のビジネスの種のうち一つがヒットすればそれでやっていける。シニアには若者と違ってやり直す時間が少ない。

51歳で起業をした時、兄から「起業するには遅い!」と言われた。ベンチャー企業同士の交流会で自己紹介をした時、私の年齢が51歳である事を聞いて驚いていた若者が多かった。13年前の事である。今は、60歳代以降にシニア起業する人が多い。50歳代よりも60歳代の起業家が多い。背に腹はかえられない事情があるシニアが多いからだ。

失敗を前提に起業プランを作る 

64歳になって子どもたちが大人になり、独立した生活を送っている。時々、海外に家族旅行にでかけた思い出を思い出す。家族全員で出かけた海外旅行は2度ある。最初の海外旅行先は、フロリダにあるディズニーワールド。2度目は、カナダのバンクーバーと米国のシアトルである。

家族全員で旅行は、なぜか、良い思い出となっている。

長男が結婚して来月披露宴が開催される。長男との思い出は何であったのだろうか。記憶を辿っていかないとイメージが出てこない。披露宴の締めで父親の挨拶がある。儀礼めいた話し方は出来ないので普通の話し方でやろうと思っている。話す内容をどうするか。長男との思い出が沢山出てくれば話しようがあるのだが、幼い頃の思い出が出てこない

米国フロリダ州オーランドにあるウォルトディズニーワールド! 

高齢者も70歳代になると伴侶が他界し始める。夫婦共に80歳以上一緒に生活が出来ればそれほど幸せなことはない。命の時間は個人差がある。誰も分からない。伴侶を失った人は、損失感を抱きながら寂しい生活を強いられる。生きがいも失う。伴侶が生きていれば生きがいも生きてくるからだ。

高齢化時代では、一人で寂しい生活をしている老人が急増している。一緒に生活し助け合える相手を心の奥底で求めている。

シニアの婚活はGive and Takeのバランスで相手を探すこと!

サブカテゴリ

このページのシニアライター:Norito H.Yoshida

Profile

雇用される生活から自分を雇用する生活をしている。2019年現在で13年間、起業中。時間と場所に制約されないインターネットビジネスで生活費を稼いで自分独自のライフスタイルを作る。米国の州立大学 Western Washington University, B.S. in Sociology, Bellingham, Washington, USA を卒業してソニー株式会社、Yahoo!Japanで自分がやりたい事をやってきた。

最終的には、私が望んでいた起業(自分の手で稼ぐ生活)が実現。51歳の時に起業してこれからも生涯現役でインターネットビジネスの世界で生きて行く予定。今の時代は、65歳を過ぎると自分を雇用して生きて行く道しか残されていない。本来、その道が当たり前なのだが。人間は弱いので他人に頼る生活を求めがちだ。

シニアの生活実態は人様々。私が発信するシニアの生活体験記が参考になれば幸い。

© 2019 Goyat. All Rights Reserved.